朝日新聞、従軍慰安婦問題記事をなぜ自ら訂正したのか!! | 「不動産投資と旅」現役大家さん、現役投資家の生の声を聞かせます。

「不動産投資と旅」現役大家さん、現役投資家の生の声を聞かせます。

個人投資家向け収益不動産検索サイト e-不動産販売公式アカウントです。
マンション経営、アパート経営でお困りの大家さん、収益不動産購入に伴う銀行融資などの不動産投資相談をお受けします。最新の賃貸経営は日々進化しています。一緒に勉強しましょう。


テーマ:
吉田清治
(吉田清治 1913-2000 著書『私の戦争犯罪』を1983年に執筆)

朝日新聞、従軍慰安婦問題記事をなぜ自ら訂正したのか!!

8月5日、6日の朝日新聞の過去の慰安婦に対する強制連行を訂正した記事で興味深い説を展開する韓国の識者がいるのでご紹介します。

結構確信を付いているような気がします。
鋭いところをついているので参考まで…


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
朝日新聞の「自爆」(誤報を認めた)の背景
【韓国の反応】みずきの女子知韓宣言(´∀`*)より
http://oboega-01.blog.jp/archives/1007434178.html

相手に向けた過度の憎しみと執着は、最終的に自分自身への損害となって戻ってくる可能性が高い。


朝日新聞の報道で形成された慰安婦「強制連行」の件と関連して、朝日は今になって、これまでの報道(強制連行の証言)が間違っていたと表明した。

なお朝日は、戦時工場労働者である女性挺身隊(20万人)と慰安婦を混同したことも認めており、朝鮮半島地域で軍が強制的に女性を動員した証拠は発見されなかったことについても言及した。

これによって「慰安婦=強制連行=20万人」という従来の方式は、ごく一部の場合(戦時敵国一部の女性動員)を除けば、実質的に無力化されたものである。


もちろん韓国は、前慰安婦の証言を前に出してこれを受け入れないだろうが、少なくとも日本内では、このような従来の方式は崩れたと見ることができる。

これに応じて、これまでの「韓国+日本内良心勢力(+国連)vs日本」という対決構図は今、「韓国(+国連+力の抜けた日本の良心勢力)vs日本」に変わることになると見ることができる。

今回の朝日の誤報認定は、日本政府が多少なりとも持っていた「政治的次元での道義的謝罪と賠償」の可能性さえ完全に取り除く契機になったであろうと思われる。


今の雰囲気なら、河野談話の廃棄も時間的問題(安倍任期内or次期政権)の可能性もある。

また、誤報認定に支えられて、安倍首相は日本の教科書での「強制連行」の記述も削除するという意思を示唆した。

一言でいうと、慰安婦問題はもう、韓日間の合意による解決はほとんど困難になり、事実上の永久未解決事件になる可能性が濃厚になったということである。


朝日はこういった波紋がおきるのが分からないはずがなかったのに、なぜ今になって「自爆」したのだろうか?

強制連行を証言した「吉田」という人はすでに死亡したので、彼が生きて帰ってきて、後悔(良心宣言)するリスクもないんだから、そのままにしておけば良かったのに、何故朝日はあえて愚かなこと(自爆)をしたのだろうか?

朝日が誤報認定をした表面上のきっかけは、「吉田」の30年前の過去証言(「済州島で強制連行」)を裏付ける物的証拠を見つけるため、しばらく前に済州島現地を訪問して、強制連行を立証する証拠を探したが、結局は失敗したからだということだった。


馬鹿じゃないのか?

朝日のこの行動には、意図や損得勘定なくすべき取材を、「特定の意図」の下でしたという疑問を持たざるを得ない。

もし、逆に「吉田」証言(強制連行)を証明する証拠が今回本当に出てきていたら、朝日は(30年も前の過去の)「吉田証言を裏付ける証拠を済州島でついに発見!」と特筆大書​​して報道する気が本当にあったのか?

どうして30年も経ってから検証するのか?

朝日はそもそも怠惰ではないか?

などという非難を受けるしかなくなるということを、朝日は知らないはずがない。

一言でいって、損害しかない朝日の今回の「済州島訪問」は、すなわち事実上は「様式行為」の一つに過ぎなかったと見ることができる。


それはまさに「自爆」の名分を作るための様式行為だ。

「自爆」も、何もなくできるわけではない。

名分が必要である。

「吉田証言を立証するだけの証拠を見つけようとしたが、失敗したので誤報を​​認めます」というのは話になるが、「吉田証言はどうしても偽であると思うので誤報を​​認めます」というなら、有力紙として意味をなさないだろう。

結局朝日は、「吉田の証言を裏付ける証拠を真剣に探そうと必死になったが、失敗して仕方なく誤報を​​認めた」のではなく、「最初からひたすら自爆(誤報を認めること)を目標に置いた」という可能性が高いのである。


それでは朝日は何故、そのままにしておいても良かった「誤報認定」を、あえてしようとしたのだろうか?

朝日が誤報を認めた特集(5、6日)記事の要旨は、


①済州島(韓国の地)で強制連行したという吉田の証言は虚偽

②女性労働挺身隊(20万人)と慰安婦を勘違いしたことを認定

③軍が朝鮮半島から強制連行をしたという立証資料は発見できない

④それでも「普遍的な女性の人権が侵害された」という本質は変わらない

という程度に要約される。


だが、朝日は正直、こういうことを言いたいのである。つまり、


①「韓国の地で強制連行はなかった」=済州島(韓国の地)で強制連行したという吉田の証言は虚偽

②「慰安婦は20万人もいない」=女性労働挺身隊(20万人)と慰安婦を勘違いしたことを認定

③「朝鮮半島での軍の強制連行はない」=軍が朝鮮半島から強制連行をしたという立証資料は発見できない
④「だからお願い、韓国は『強制連行』や『20万人』という主張を止めて、普遍的な女性の人権の次元で問い詰めてほしい」=それでも「普遍的な女性の人権が侵害された」という本質は変わらない


朝日の今回の自爆は、韓国のせいで出てきたものだ。

具体的には、米国などに建てられた慰安婦像や碑が、決定的な理由となった。

朝日の誤報認定は、主に韓国人が推進する慰安婦像や碑に記される常套句(韓半島内での軍による強制連行、20万人)をターゲットにしている。

朝日は自分の報道を韓国が積極的に活用していることを意識していたのである。


朝日は、その属性(左派)上、政府を批判し、人権を追求するために、慰安婦のような問題を大きく扱うのはむしろ自然である。

ただし朝日は、自分の慰安婦イシュー化に伴う日韓両国間の歴史葛藤の舞台は、当初は日本と韓国、ときどき国連、程度の限られた範囲だけを想定していたのに、最近の韓国は、この慰安婦問題について米国など世界の舞台で積極的に持ち出しており、これによって現在あらわれる日本のイメージの毀損などの副作用は、日本の立場から見ると、真剣に悩ましい部分である。(この点は、韓国が狙っている部分でもある)


朝日は、左派かどうかはともかくとして、当初自分が意図した様相をはるかに超えた最近の展開(世界への慰安婦像、碑の拡散)による副作用(日本不名誉と後世の教育に否定的など)を心配したのは間違いないようだ。

そして、今のすう勢(相次ぐ像と碑の設置)が続けば副作用が深刻化するだろうと、朝日は内部的に悩んだ可能性が高い。

韓国大統領がいわゆる「告げ口外交」を通じて、慰安婦問題(日本の不道徳)を世界中に積極的に発信し、米国などに「像と碑」が相次いで建ちはじめた最近の1、2年の間は、左派の性質上は表に出せなかったが、朝日の内部的な悩みはかなり深くなったであろうと推測される。



最終的に、過去30年以上もじっといたのに(よく耐えていたのに)、今のように「自爆」せざるを得なくなった理由は、この問題が過去30年間は韓日両国間の舞台でだけ扱われていて、謝罪や容認などが行き来しつつ、無難にコントロールされており、朝日の「作品(力作)」として存在することができていたが、最近の2年の韓日関係の悪化に応じて、韓国側がこの問題を、(朝日が)設定した舞台を抜け出して、米国など世界にまで持っていって過熱していく様相になって、朝日は「ばら撒いた者」として、決断の岐路に立たないわけにはいかなかったことにあると思われる。


当初は「猫」程度だと考えていた慰安婦問題が、1~2年の間に「虎」を凌駕するほど大きくなった状況を、朝日としては耐えることができなかったわけである。

言い換えれば、日本内の保守紙(読売、産経など)や政界からの猛攻撃を承知の上で、朝日はあえて自爆を選ぶほかなかったほどに、最近の韓国での慰安婦問題へのアプローチが、過剰で非理性的(米国での像や碑)だったという話である。


過去30年以上、主に韓国の肩を持ってきた朝日も、すべてで味方できぬほど、慰安婦問題に接する韓国の態度には行き過ぎがあった。

これが、最終的に朝日の自爆を生んだというのが最終的な結論である。



今後の観戦ポイントは、比較的親韓論調の朝日新聞が、果たしてどのようなスタンスになるかということである。

もし朝日の今回の「自爆」にもかかわらず、朝日が意図した甲斐もなく、韓国の過度の反日(慰安婦像や碑など)がまだ続いていくなら、朝日の韓国への論調に根本的な変化がもたらされる可能性もある。

日本内から有力な親韓メディアの一つが消える可能性があるかもしれないという話だ。


最終的に、朝日の自爆で最も困難な立場に陥ったのは、実質的には韓国である

慰安婦問題を支えた「証拠的パワー」であり、慰安婦問題の産室(メーカー)であった朝日が、事実上瓦解したためである。

日本政府は今後、朝日が今回誤報を認めた件を、国連などの国際舞台で積極的に活用することになる可能性が高い。

相対的に韓国の立地が狭くなるということである。

韓国はただ、「前慰安婦の証言だ」という主張しか効果ある手段がなくなったのだ。


過去の完全な、外交的・道徳的勝利(河野談話成立など)の状態が、最近の過度な反日のせいで、ほぼ引き分け(河野談話の検証、朝日自爆)状態になり、今後、最悪の場合は(私たちは最後まで認めないだろうが)「朝日新聞の誤報によって、国レベルで踊らされた韓国」という対外イメージになる可能性も、完全に排除することができなくなった。


反日も適当な程度でやっていたら、完勝状態を永遠に享受することができたのに、あまりにも貪欲だったので引き分けの状態まできたし、今はもう密かに逆転されることまで心配しなければならなくなったという珍しい状況にまで来ている。

日本内での有力な親韓メディアの消失の可能性を更に抱えることの負担もある。

こんなふうに、相手に向けた過度の憎しみと執着は、最終的に自分自身への損害となって戻ってくる可能性が高い。

バンダービルド


引用ソース

http://www.chogabje.com/board/view.asp?C_IDX=56857&C_CC=AZ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
海外展開に伴い協力会社を募集します。語学力があれば起業を考えている方でも大歓迎!…お勤めしながらの週末起業でも十分可能かと……気軽にお問合せ下さい。…詳しくは⇒http://ameblo.jp/e-fh/entry-10863926030.html

当社は、一棟マンション、一棟アパートを専門に取り扱う不動産会社です。
[twittre http://twitter.com/e_fh ]
[facebookフアンページ http://www.facebook.com/efh.toushi ]
[e-不動産販売 検索サイト http://www.e-fudousanhanbai.com ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不動産投資と旅!さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。