もじ・かず・ちえと共に大切なこと | e-子育て.comのスタッフブログ~子育て、教育のヒントをお届け~
2014-04-29 22:48:20

もじ・かず・ちえと共に大切なこと

テーマ:├教育の話題・提案
早期教育や幼児教育が充実して、昔の読み書き算盤の相当する、文字・数・知恵の学習は多くの幼児がしています。

しかし、小学校で伸びるためには、どうやらそれだけでは不十分な気がします。

地アタマが良いと感じる子には共通点があります。

勉強



一つは、身の回りのことがしっかりできて、生活習慣が定まっていること。衣服の着脱や後片付け、忘れ物をしない。睡眠を十分に取り、毎日の生活リズムが決まっている。

二つ目は、セルフコントロールができること。

いわゆる突然キレるようなことはなく、感情を爆発させずにいざこざに対処できる。

他の子の理不尽な行動には、自分の意見をしっかり言う。

この二つは、教育でよく使われる「生きる力」そのものです。

あまりにも知的発達にだけ目を奪われてしまっていると、おろそかになってしまう点かも知れません。

特にセルフコントロールする力の中で、我慢する力が重要だと思います。

我慢できる子は同時に粘り強さもあり、困難な課題を考え続けることができます。

反対に欲望に負けがちな子どもは、難しい課題はすぐに投げ出してしまいます。

幼児期や低学年、つのつく歳ごろに、ちょっと不便、少しガマンをたくさん経験すると、この力が身につくと思うのです。(羊)

■自立やセルフコントロールに関する記事

勉強が出来る生徒の家庭に共通する点は?

小学生で勉強ができて、生活態度もしっかりしている生徒の家庭にに共通する点があります。…

幼児期や低学年で鍛えたい「我慢する力」

確かベネッセの調査だったと思いますが、小学1年生を持つ母親に聞いたところ、小学校入学までに身につけておくと良いことのひとつに「我慢する力」がありました。…

子どもにガマンをさせる魔法の言葉

生徒たちとの会話です。一人が「パパはねなんでも買ってくれるよ」と言うと、別の子が「うちのママとパパはだめ。うちは貧乏だからって言うの」…


ペタしてね

「つのつく歳ごろの教育なら」e-子育て.comさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス