米軍再編 | ある弁理士の思うこと
2006-05-03

米軍再編

テーマ:ニュース

最近、米軍の再編の費用負担について話題になっているが、

なんだか、アメリカの一部になろうとしているような気がする。

それも、対等な関係ではなく、

お上様が整備事業を行うから、お前も金を出せと言われて、

いやだといえない関係が明確になりつつあるように感じられる。


小泉首相の成果とは何なのだろうか?

道路公団の解体?

   無駄な道路建設はとまっていない。

郵政民営化?

   今のところ何にも変わっていない(効果が見えない)。

景気の回復?

   何をしたというものではなく、経済界の努力、

   労働者のリストラなどによる流血の結果だろう。


一番いえることは、アメリカの犬化のような気がする。

ご主人を見ると、忠誠を誓うことを表す、行動。

その一端がこの米軍再編の協力なのだと思う。

小泉さんはそのつもりはなくても、今までの態度で、

アメリカは協力して当然と思っているだろう。


また、今回の費用負担を沖縄県の負担軽減と言っているが、

言い訳に利用しているようにしか聞こえない。

ここでも、沖縄を利用しているとしか思えない。


もっと、アメリカから離れることはできないのであろうか?


このような負担が子供達に引き継がれると思うと、かわいそうでならない。

e-chizaiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス