判例 | ある弁理士の思うこと

判例

期末なのに、仕事のペースが上がらない。気分を入れ替えてがんばらなければ。


話を変えて、

下記で特許庁が判例事例集を公表しています。

http://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/shiryou/s_sonota/gizyutu_hanketu.htm

最近、裁判所での進歩性の判断が厳しくなっているとの話を聞きますが、

違和感を感じてしまいます。


進歩性の基準とは何なのでしょうか?

当業者による発明の困難性のはずであることから、所謂、技術者などの視点から判断すべきなのに、

いまいち、技術を知らない裁判官が机上で判断しているように思えてならない。

裁判所は、文言のみに捕らわれて、その文言を産業の発達を達成することを目的として理解し判断しているように思えない。

ちょっと違うかもしれないが、コロンブスの卵のようである。

かといって、特許庁による審査基準がベストとも思えない(裁判所よりは、ましと思えるが)。


特許庁も裁判所も現場のレベルを把握して判断してほしいものである。そうでないと、発明の意欲、出願の意欲もそがれてしまうように思えてならない。


かといって、生業としているものからすると、そうも言っていられないので、特許庁や裁判所の判断をにらみながら、いい明細書の作成は言うに及ばず、さらに、クライアントと共にいい知財運用を目指して行きたいものである。