感動のない日

テーマ:


一日のうちに何かしら

どんな小さな感動でも感じることができたら、

それは、その日を過ごした甲斐があったような

気持ちになる。

何もないと感じるような気したら、

映画を観たり、本を読んだりすると

何かしら、必ず自分の中で小さな感動を見つけられる。

しかし、

それすらもしようとしない人、

小さな感動を得るのが面倒くさいと思う人は、

きっと

とても面白くない日を過ごしているだろう。

そして、

小さな事に感動できない人は、

大きな感動もさほど感じれないだろう。

感性的に、

極めて女性的なものであるが、

それはとても大切なもののような気がして

ならない。

たとえそれが「繰り返し」であっても。

AD