いつの間にか

テーマ:


2月に入っていた。

でも、はやいとは思わない。

時が経つのは早いなと実感するのは

きっと3月、4月くらいに入ってからだろう。


最近、

肩の力をぬいて文章を書けばいいものを、

ちょっと力み過ぎだなと感じる。

表現をぎゅうぎゅうに詰め込み過ぎないように

しないと、

堅苦しくて読んでられない。

まだ「距離」があるのだと思う。

これをじょじょになくしていけば

いいものが創れる。


ちょうど今、ニーチェについて知ろうと

やさしい入門書から読んでいっている。

ニーチェを知る場合、

時代背景や状況を把握しておこうと、

「だいたい暗記~お暇な時は頭の中でこねくり回し大作戦!」

を実行中だ。

19世紀にその思想の舞台を持つニーチェとマルクス。

当時まったく使いものにならなかったニーチェの思想。

資本主義の原理(帝国主義戦争と植民地戦争)のおおもとの

私的所有と自由競争を廃し、

経済を国家の統制におき、

社会から富の獲得のための競争を取り払おうとする

共産主義を理想とするマルクス主義の思想。

マルクス思想がもてはやされた。

あげくにニーチェは

「神は死んだ」「権力への意志」「一切は許される」という

深いニヒリズムの感覚から、

反理想主義、反道徳主義における不徳義な印象。

しかし、20世紀に入り、マルクス思想がほぼ崩壊し、

2次大戦後の思想哲学芸術に多大な影響を及ぼし、

現代、現在社会においての

思想の大きな源流とみなされている・・・とある。

表現を知るにあたって、

色んなものにリンクさせておこうと。


それにしても、酒井健さんはいい。(しつこいって!)

まだ読み終えてないが、

いい本だなとつくづく思いながら読んでいる。


あ、それと、

最近ゲームを買った。

「GTA サンアンドレアス」というもので、

何をするにも自由。

ストーリー無視でチートコードを使って

街中でプチ暴動?を起こす事ができる。

寝る前の1時間はコレをして寝る。

たまに1時間では終わらない時もあって、

次の日、ボー然とする時もあるが・・・。


そんな今日このごろ。