【PADJ.第2回 ディスファーリノパシー研究講演会(オンライン)のお知らせ】 | 日本ディスファーリノパシー患者会

日本ディスファーリノパシー患者会

患者会の活動や研究などの報告をしています。

令和3年10月31(日)に、京都大学iPS細胞研究所 臨床応用研究部門講師 堀田 秋津 先生をお招きして「第2回 ディスファーリノパシー研究講演会(オンライン)」を開催致します。

堀田先生には、以下のDysferlinに関する研究と共に今後の研究についてリクエストしております。

 

「新たなツール(MHcut法)とゲノム編集技術を用いて患者さんの細胞を使わずにヒトiPS細胞から遺伝子疾患のモデル細胞をつくることに成功」

 

「CRISPR-Cas9がヒト細胞内のRNAで阻害されてしまう現象を発見し、iPS細胞での効率的な相同組み換えゲノム編集技術を実現」

 

日程は、以下の通りになります。

日程:令和3年10月31(日)

時間:タイムスケジュール

13:00~14:00(ログイン・参加者交流)

14:00~15:00(研究報告・質疑応答)

15:00~15:30(歓談会)

参加費:無料

締切:10月29日(金)

形式:Skype

 

動作確認は、Skypeを使用した事が無い又は不安のある方を対象とし確認後はプチ交流会を予定しています。可能であれば、お早めにご連絡頂けると助かります。

日程:令和3年10月23日(土)か24日(日)

時間:15:00~18:00の間で調整

 

参加希望者は、下記アドレスに必要事項をご記入の上10月29日(金)までにご連絡下さい。

「必要事項」

件名:「第2回 ディスファーリノパシー研究講演会(オンライン)」参加希望

病名:

主治医:

病院名:

お名前:

住所:(例:東京都/山口県)

動作確認:必要or不要

「お問い合わせ窓口」

担当者:柳生  E-mail:contact@padj.jp

 

そして、「ディスファーリノパシーについての実態調査(1)(2)」を回答して頂き「PADJ.第2回 ディスファーリノパシー研究講演会(オンライン)」の参加希望者を対象に、第1回三宅克也先生の講演を録画したものを視聴可能にし視聴期間は10月31日(土)までとします。

これは、三宅克也先生が多くの患者さんに病気や研究についてお伝えしたいと言うご配慮です。

是非、第2回研究講演会への参加をご検討の程よろしくお願い致します。

 

入会をご検討中又は退会した方なども、お気遣いなくご参加して頂ければ幸いです。

どうぞ、よろしくお願い致します。

 

 

日本ディスファーリノパシー患者会