【iPS細胞の現在:筋疾患治療に挑む 開催のお知らせ】 | 日本ディスファーリノパシー患者会

日本ディスファーリノパシー患者会

Dysferlinopatyの研究情報や患者会の活動をお知らせしています。


テーマ:

出張CiRAカフェ × 聞イテミル・考エテ 「iPS細胞の現在:筋疾患治療に挑む」の開催をお知らせ致します。

イベントに参加するには、「事前参加申込」が必要ですので、お気を付け下さい。

日時と開催場所は、下記に成ります。

 

「日時」
2018年8月26日(日)14:00~16:15頃 (13:45開場)

「場所」
TKP仙台カンファレンスセンター

カンファレンスルーム3A
宮城県仙台市青葉区花京院1-2-3 3階

「登壇」
櫻井英俊 (京都大学iPS細胞研究所)
 「筋疾患治療への道を拓く(仮)」
高橋俊明 (国立病院機構仙台西多賀病院)
 「一般病院で行っているiPS細胞につながる研究(仮)」
和田濱裕之 (京都大学iPS細胞研究所)
 「1からわかるiPS細胞のお話(仮)」
東島仁 (山口大学国際総合科学部)
 「市民・患者さんと研究者の交流が大切な理由」

 

筋疾患におけるiPS細胞での研究のみならず、貴重なお話が聞けると思います。

また、Dysferlinopathy(三好型/肢帯型2B)についてのお話が聞けるかもしれません。

ご都合がよろしければ、是非、ご参加下さい。

 

 

日本ディスファーリノパシー患者会

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス