日本ディスファーリノパシー患者会

Dysferlinopatyの研究情報や患者会の活動をお知らせしています。


テーマ:

この度、標準病名マスター作業委員会並びに日本医学会医学用語管理委員会にて

本会が提出した「Dysferlinopathyの標準病名に関する要望書」が審議され、

下記の通り承認され採用されることをご報告致します。

これにより、下記の病名を診断書に記載出来ることになります。

 

【一般財団法人 医療情報システム開発センター(MEDIS-DC)】

1)三好型筋ジストロフィーを三好型ミオパチーの「互換語」(同義の見出し用語)

2)日本語名: ディスファーリノパシー

※標準病名マスターのほうには英語名という欄が存在しませんので、

  Dysferlinopathyそのものは収載されません。

 

【日本医学会 医学用語管理委員会】

1)英語名:Dysferlinopathy 日本語名: ディスファーリノパシー

 

<標準病名マスターについて>

標準病名マスターとは、ICD-10対応電子カルテ用標準病名マスターのことを言います。

厚生労働省の委託を受け(財)医療情報システム開発センター(MEDIS-DC)で、

保健医療分野におけるIT化を支える基盤技術として標準的用語・コードの開発・普及活動をしています。

 

国内のほぼすべての電子カルテシステム、レセプトシステムに導入され、電子カルテデータ、

電子レセプトデータ、DPCデータのICDコーディングなどに広く利用され、日本の病名コーディングの

基盤や医療情報データベース解析における病名情報の解析の基盤です。

そして、病名情報を医療情報システムで効率的に処理できることを目的として、

病名表現の些細な違いをなくし、「1つの病気(疾患)に1病名表現、1病名コード」 を

実現するために作成された病名一覧表です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

この度は、本会の要望書並びに患者への誠実な対応に、

一般財団法人 医療情報システム開発センター(MEDIS-DC)と

日本医学会、日本医学会 医学用語管理委員会の皆様には、この場を借りて深く感謝申し上げます。

 

日本ディスファーリノパシー患者会

 

AD
 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。