日本ディスファーリノパシー患者会

Dysferlinopatyの研究情報や患者会の活動をお知らせしています。


テーマ:

三好和夫先生に関する記事が【ビキニ事件は終わっていない(寄稿)】

掲載されていましたので、お知らせ致します。

 

三好和夫先生は、ビキニ事件後、東大付属病院(現:東京大学医学部付属病院)から

徳島大学医学部付属病院に移り、三好型の患者さんを診察して論文を報告しました。

 

1967年に、常染色体劣性遠位型筋ジストロフィー(Autosomal recessiv distal muscular dystrophy : ARDMD)を報告。

 

1986年に、「Autosomal recessive distal muscular dystrophy as a new type of progressive muscular dystrophy. Seventeen cases in eight families including an autopsied case.」を報告しました。

 

【川井尚臣先生と足立克仁先生との交流会】でも、当時の研究について

お話をお聞きしていますので、よろしければご覧下さい。

 

「ビキニ事件資料」

ビキニ事件から30年(熊取敏之・三好和夫・その他)

異常に多い肝機能障害

 

 

日本ディスファーリノパシー患者会

 

AD

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。