富岡製糸場

テーマ:

渡辺です。


群馬の富岡製糸場へ行ってきました。


かなりの来場者で入場券を買うために長蛇の列ができるほど。


私も外で30分以上待ちました。



和洋折衷の建物です。


レンガ造のイメージですが木造なんです実は。


レンガの壁に屋根の重みが乗らないような構造になっています。


地震に強く、防火性能も高いという優れた技術によって作られているんですね。





木造の見事な骨組みです。


明治5年に完成したそうですが、そのままの姿を残していることに驚きです。


大工さんが建てて、レンガの製造と積み作業は地元の瓦職人が行ったとのこと。


最近何かと話題の世界遺産ですが、納得の遺産でした。



先達の見事な仕事を見るにつけ、頭が下がるばかりですが、


勝手に後輩になったつもりで精進いたします。<(_ _)>

AD