ヒサシの役目

テーマ:

遅れながら、新年あけましておめでとうございます(^o^;)


今年も宜しくお願い致します!



さて、今回は「ひさし」の役目についてです。


屋根の延長部分のことを「ひさし」とよびます。 


日本建築はひさしが深くつくられているのが特徴です。


第一の目的は雨よけ。


屋根を流れ落ちた雨のはね返りも少なくてすみます。


雨の多い日本ならではの構造ですね。


また、ひさしは、帽子のつばのように、建物に当たる太陽の日差しを調節してくれます。


太陽が高い位置にくる夏は、深いひさしが室内に直射日光が入るのをふせぎ、


逆に太陽の位置が低い冬は、屋内に日光を取り込むことができます。


沖縄の伝統的な民家には、強烈な日差しをさえぎり、


激しいスコールをふせぐための「雨端アメハジ」とよばれるひさしが、


建物の四方に大きく突き出すようにつくられています。


住宅の洋風化にともなって、ひさしの深い住宅は少なくなりました。


そもそも、家の内と外の緩衝地帯でもあるひさしですが、


開放的な空間を演出してくれるものでもあるんです。


住宅の耐久性も確実に上がります。


ぜひおすすめしたいと思います。


夏至の頃の太陽高度は70~80度、


冬至の頃は40度くらいです。


立面図に線を引いてみると、程よいひさしの寸法が分かると思います。


新潟の厳しい気候条件に合った「雨仕舞い」の検討も大事ですね。


それでは、また!



追伸


本日、阿賀野市にて上棟が行われております。


スカンジナビアンレッドのカッコイイ平屋建てです。


南面のリビング脇には、ひさしが大きく出た、広ーいカウボーイデッキを施工します。


お客さんの夢は、そこで休日、ビールを飲みながら寛ぐとのことです。


私も憧れます。(´∀`)


4月に見学会を行いますので、ぜひぜひ見に来て下さい!(ビールはありません。笑)



dwarfのブログ


AD