自然素材って本当に良いの?

テーマ:

すごい久しぶりの更新です・・・(^_^;)


入院してたり、


ブログのPASを忘れたり、


お客さんとの打合せだったり、


とにかく忙しく、更新できませんでした・・・。


来年の工事もほぼ埋まっている状態で、


これから、打合せの毎日という、嬉しい悲鳴です。(^o^;)


なんとか更新できるよう頑張りたいと思います。



今回は、今では当たり前のように使われている、


「自然素材」についてです。



自然素材のイメージとは、どのようなものでしょうか。


多くの、建築予定の方たちが、自然素材を希望しています。


選択理由としては、健康配慮や温もり、心地よさなどを理由にしています。


良いイメージを持っている人が多いということは確かですね。


では、デメリットについてはどうでしょうか。


実は、この自然素材についてのデメリットを理解していない人が、とても多いんです。


自然素材が本来持っている「特性」が、現代の住宅では「クレーム」に変わり、


トラブルの原因になったりしています。


無垢材には、「隙間」、「反り」、「割れ」という特性があります。


日本の「木の家」であれば、当然の現象と言えますよね。


しかし、狂いや、バラツキのない、工業製品である新建材の登場で、「欠陥」になってしまいました。


現代の生活スタイルの中で、どこまで許容できるのか、確かな情報が必要なんです。


無垢材の場合、湿度の変化によって、建具や床材などは、5ミリ程度の変化を起こします。


床であれば、その隙間に細かいごみが入り込むことになります。


床暖房やエアコンなどは、室内空気を乾燥させます。


時には、過乾燥状態になり、梁の割れが大きくなったり、羽目板に割れが生じたりすることもあるんです。


次に、珪藻土や漆喰といった塗り壁。


調湿や防臭効果があり、独特の質感は空間を和やかにします。


しかし、汚れには強くなく、クラック(割れ)などが起きる場合もあります。


手入れなどで考えれば、ビニールクロスには負けます。


私自身としては、それでも自然素材を選びたいと思います。


デメリットを上回る心地よさを与えてくれていることを、日々実感しているからです。


最近は、弊社を含め、自然素材を活用したモデルルームが多くなりました。


ぜひ、体感していただきたいです。


できれば、夏と冬に行ってください。


暑いときはどうなのか、寒いときはどう感じるのか。


家づくりは、仕様が決まるまでに、1年は余裕で掛ります。


作り手のこだわりも、たっぷり聞いてくださいね。


最後に、


誰でも、きれいでキズの無いものをずーっと維持したいと思うものです。


しかし、どんなに耐久性の優れたものでも、いつかキズつき、汚れていきます。


人と同じく、老いて深みが増す自然素材の経年変化、


そして、本物だからこそ成せる、自然のぬくもりとやさしさ。


私は、おススメします。


それでは、また(^-^)ノ~~

AD