こんばんは✨


家族にきつく当たる人の心理を書いた記事をシェアいたします✨ 


https://diamond.jp/articles/-/275720 


身近な家族や恋人にきつく当たる人は、自分で自分を大事にできない人だ、と指摘しています。

常に周りがどう自分を評価しているかばかり気にしてしまい、周りには良い顔ができる反面、嫌といえないストレスを自分や自分の身近な人へぶつける形を取ってしまうのです。

特にモラハラやDVをしてしまう加害者は、自己肯定感が低いわりに、プライドだけは人一倍高いことが多く、自分と同じ価値観以外は一切認められないことが多いのです。

そのために、少しでも違う価値観を持つことに対して、異様なほど馬鹿にしたり、怒りだしたりするのです。

毒親が子どもの気持ちより、周りからどう思われるかばかり気にして口うるさくなるのも、同じ心理です。

このような人は、○○でなければならない、という枠を強く持っており、その枠から外れることは許せないと感じてしまうのです。

それがエスカレートすると、教育虐待などの虐待行為に繋がってしまいます。

このような人は、子どもの頃に、自分がやりたいことや夢や希望などを認めてもらえなかった人が多く。

自分はやりたい想いをこらえて、親の言うことを聞いてきたんだから、今度は言うことを聞いてもらう番だ‼️として、自分以外の身内の意見は一切聞き入れない、という人も少なくありません。

自分が人として尊重されて来なかったので、自分
もまた誰かを尊重しようという気持ちには、なかなかなれないのです。

このような価値観を変えることは、簡単なことではありません。

みんなそれぞれ違う価値観があると理解することから始めなければならないのです✨

この価値観の違いを全く受け入れてくれないパートナーのことで悩んでいたら。
一度、DV対策センターにご相談くださいませ。

🍀DV対策センター🍀