こんにちは✨

DV加害者が女性の場合の記事をシェア致します✨


結婚したら、何がなんでも一緒に住まなきゃ‼️と考える人は少なくないでしょう✨

子どもが小さいうちは、母親が育てるのが良い、母親なら、小さなことは我慢すべきなど。
数々の神話が溢れています。

しかし、加害者のDVスイッチが入ってしまった状態となってしまったら。

被害者と加害者が、距離を置いていくのも大切です✨

別居から離婚を選ぶご夫婦もいれば。
そのまま通い婚を続けるご夫婦もいます🌟

然るべき治療を受けて、精神的な安定を取り戻してから、また一緒に住み始めるご夫婦もいます✨

その人達にしか分からないベストな距離感が、必ずあるのです✨

あなたが今。
家庭の中が苦しくて仕方がない、というなら。
パートナーとの距離感を考えてみてくださいね💕

DV対策センターでは、あなたにとって一番良い方策を一緒に考えてサポートしています✨

実家が助けてくれるか否か。
実家が近いか遠いか。
旦那さんが子育てに対して積極的か否か。

様々な要因からベストな状況は変わってくるのです✨

一人で悩まず、どうぞ当方までご相談にくださいね✨

DV対策センターは、あなたの幸せを応援しております✨

🍀DV対策センター🍀