知らん間に2回生 | 同志社大学ボート部公式ブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

 僕は夏が好きです。冒頭から題名と関係なさそうな話をしてすいません、2回生の石田和己です。人生80歳まで生きるとして80回しか夏を迎えられないと気づき悲しくなったのは高校一年生の頃です。そしてもうすぐ20回目の夏を迎えようとしています。5・4・1でいうところの一本目の終盤。まだまだ元気が有り余っている時ですね。今回のブログでは20回目と21回目と22回目の夏を共に過ごす僕の10人の同期を紹介していきたいと思います。僕たちの代はコロナのせいで本当は19回目の夏も一緒に過ごすはずだったのですができませんでしたし、練習を3ヶ月ぐらいしたら知らん間に2回生となってしまいましたがその分後の3年を楽しいものにしたいと思います。タイトルも回収したところで早速1人目から紹介していきます。

1人目 福條武琉

 特に誰から書こうと考えていなかったのですがなんとなく福條武琉を1人目にしようと思います。彼はなかなかにかっこよく優しいです。ここで写真でも貼れればいいのですがあいにく僕はあまり写真を撮らないので気になる人はボート部のインスタを見てください。また、彼は高校からボートをしておりエルゴも速いしボートもめちゃめちゃ上手いです。また初心者の僕たちにも色々教えてくれる優男でもあります。さらに料理を結構しており、料理男子としての一面もあります。こんなに褒めていると彼を完璧人間と思われる方もいると思うので彼の欠点も書いておこうと思います。まず第一に最近ずっと思っていたのですが僕らの一個下が入ってから彼は3回生の雰囲気を醸し出しています。これは彼が同部屋のかずさん、のぼるさん、こうたろうさんとずっと一緒にいることが原因やと思います。君は2回生や、もっと僕らと喋れ。また、後で紹介する直人と武琉についてしゃべっていたのですが彼はトークが面白くありません。しかし、彼がトークをするときに彼自身がとても面白そうに笑いながら喋るのでこっちも笑うしかないです。エンタメが少ない島育ちなので仕方ないのかもしれません。

2人目 林そう一郎

 そう一郎の層がどう頑張っても出てきませんでした。気になる方はボート部のインスタを見てください。彼もボート経験者でありエルゴも速く、じゃあ体もめちゃめちゃ上手いです。そして体の筋肉がいかついです。また彼も優しく僕らに教えてくれます。また彼は彼女愛に溢れ出ているいい男です。それは彼のインスタを見たらわかります。しかしずっと前から1つ気になっていることがあります。それは彼の彼女愛に溢れるインスタグラムのユーザー名です。turezure_gram、徒然グラム、、、彼は徒然という言葉の意味を理解しているのでしょうか?徒然とは「変化のない環境で感ずる退屈。手持ち無沙汰(ぶさた)。」彼女愛溢れるインスタのユーザーネームにはふさわしくない言葉ですね。前からずっと言いたかったのですが対面ではなかなか言えなかったのでこの場を借りて言わさせていただきます。インスタのユーザーネーム変えたほうがいいよ。

3人目 中村柾道

 3人目に紹介するのはボート部2回生の期待の新星中村柾道です。彼は見た目から想像できるようにクールガイです。気になる人はボート部のインスタを見てください。彼はエルゴが信じられへんぐらい速いです。彼と僕と後で紹介する内田はほんまに初心者の初期メンバーであり僕だけかもしれませんが謎の絆を感じています。ほんまに初期の初期の頃はエルゴが僕の方が早かったのですが気づいたらはるか彼方に彼は行ってしまいました。しかしこのまま負けているつもりもありません。いつか追いつきます。また彼はミステリアスな一面もあり、あまり自分を語りません。最近は脇腹をいじられるのが弱いということが判明しました。これの弱点を探るためにももっと喋りたいです。今度イタリアンか定食でも食べに行こうぜ。

4人目 前田悠太

読み方:まえだゆうた。

5人目 橋本直人

 彼は僕らの代のシート説明を担当したとても明るく面白い人です。4回生のおうたさん曰くしっかりブラザーの系譜を受け継いでいるそうです。そんな彼ですが意外とメンタルが弱くネガティヴな一面もあり取扱注意です。またとてもガタイがよくサッカー部とは思えへんくらいムキムキです。気になる人はボート部のインスタを見てください。またまったくお金を持っていないです。そのせいもあり、僕は寮で彼が部から提供されているお米と卵と納豆以外のものを食べている姿を見たことがありませんでした。またありえへんくらいの量のオレンジジュースを消費します。多分オレンジが早くなくなってしまうのは直人が起因していると僕は睨んでいます。そのような食生活をしていたため前のインボディではスコアが落ちていました。それを気にしてからはいろんなものを食べるようになりましたがそのほとんどが人に恵んでもらったものです。特によく僕のお弁当やトライアルで買ってきたものを頂戴と言ってきます。後で100円払うわ!とよく言うのですが払ってもらったことは一度もありません。

6人目 加藤雅隆

 2回生の諸悪の根源、加藤雅隆。彼は見た目はカッコよくラグビー部だったのでいい感じに体も引き締まっているのですが内面の人間性がゲロクソ野郎です。ナチュラルに人を見下していますし口が悪いです。また、3回生の忠政さんや常さんがよくダイニングとかで僕に無茶振りをしてくるのですが彼もそれを引き継いで僕と2人でいる時でも無茶振りをしてくることが多々あります。とてもうざいです。あれは3回生と言う立場とあの人たちが面白いから許される無茶振りであって同期のあなたには許されざる行為です。今日寒いなと言っただけで「どれぐらい寒いか例えてみてよ」ちゃうねん、そんなしょーもない振りすなボケ。共感だけしとけ。しかしながら、僕は謎に彼とずっと一緒にいて、2回生の中でも1番2人でいる時間が長いです。意外と彼のそんな性格が僕にとって心地いいのかもしれません。よく2人でご飯に行ったりもしますし、ずっとダイニングで喋っています。一度同部屋の歩夢さんにお前らできとるんか?と冗談混じりに聞かれましたが僕は否定をすることができず有耶無耶な返事をするしかなかったです。また、彼は1人でご飯を食べに行くということができないくせに喋っているとよく1人の世界に入ったりします。


これはダイニングでご飯を食べている時に1人で妄想の世界に入っている雅隆くんの写真です。どのような妄想をしているかはここでは言えません。気になる人はボート部のインスタを見てください。また、つい最近円町でエルゴをした後彼の新居に行きました。別に遊びに行ったというわけではなく、彼の引っ越しが終わった後の段ボールの片付けを手伝わされました。彼にとって僕は都合のいい女なのかもしれません。しかしそこで発見もありました。僕は段ボールを片付けるのがどうやら速いらしいです。引っ越しをされる方がいました片付けの時呼んでください。すごい速さで段ボールを片付けます。

これは雅隆の新居の部屋の写真です。男の一人暮らしって感じの部屋でした。一人暮らしっていいなと思いました。

7人目 内田真歩

 7人目は僕らの代唯一の女子漕手である内田真歩です。彼女はとてもサバサバした性格の持ち主であると思います。知らんけど。また新宿高校出身というシティガールでもあります。彼女はとても努力家であり尊敬できる人物であると思います。最近よく喋るようになりボートという競技にもボート部という部活にも熱い思いを持っているということがわかりました。これからも頑張っていこう。

8人目 宮本彩矢

 8人目はトレーナーの宮本彩矢です。彼女は僕たちの代で3人いる内部生のうちの1人で同志社女子高校出身です。彼女ともまた最近よく喋るようになりましたがどこか天然の匂いを出していて面白い人物です。自分のことをわあしと呼びます。WAASHI、WATASHI、あとTを一個間に挟んで言うだけやのになといつも思います。そんな彼女ですがフィリッピの伴チャを雨の日でも風の日でもやってくれて、エルゴや筋トレの動画もいっぱい撮ってくれるとても仕事熱心なトレーナーでもあります。いつもありがとう。

9人目 谷有紗

 9人目はトレーナーの谷有紗です。密かに僕たちの代で1番やばいのは彼女なのではないかと思っています。やはり同志社国際高校出身は侮れないですね。悠太が伴チャめっちゃありがたいと言っていました。ただ一つ、船を出す前のミーティングでLINEの通知音がめっちゃなっているのが気になると言っていたので、できたらマナーモードにしてあげてください笑。

10人目

 僕たちの代の最後を飾るのは唯一のマネージャーの畠山麗香氏です。彼女は試される大地、北海道から試される部活、同志社大学ボート部に来ました。あんまり喋る機会がないのですが、僕が喋る必要もないくらい彼氏からの愛を受けています。もしかしたら近日中に彼氏のインスタのユーザーネームが変わるかもしれませんがほっといてあげてください。これからも僕たちの代の唯一のマネさんとしてよろしくお願いします。


 はじめはあんまり書くこともないやろなと思いながらこのブログを書き始めましたが意外と長くなってしまいました。ここまでこのような駄文を読んでくださった方ありがとうございます。最後に僕の同期に言いたいことがあります。僕たちは先輩らと違ってとても人数が少ないです。これは大きなハンデかもしれませんがその分一つの代としてまとまっていけるのではないでしょうか。これからの生活で誰かがしんどくなったり、部活を辞めたくなったり、誰かと誰かが喧嘩をしてしまうかもしれません。それらは決して悪いことではないと思います。その時にみんなでその人を支えていきましょう。問題を越えるたびに僕たちはチームとして強くなれると思います。みんなで強くなって22回目の夏が終わる頃には最高の11人やったと胸を張って言えるように頑張りましょう。これからもよろしくお願いします。



 柄にもないこともないですけどなんだか臭いことを言ってしまい恥ずかしいので最後に僕が最近読んで面白かった本を紹介して終わります。僕のような駄文とは比べものにならないほど美しい文章です。


湊かなえの告白という本です。もし読みたい方がおられましたら声をかけていただいたら貸します。長々と失礼しました。