時事から学ぶ | 同志社大学ボート部公式ブログ
いつもお世話になっております。
一回生漕手の永松サムエルです。


今日から練習が再開するということで、オフで怠けた体、心を切り替えて全力で向き合っていきたいと考えています。


ここから本題に入らせていただきますが、金正恩の肩書きがいくつあるかご存知でしょうか。

私の知っている限り、現在、朝鮮労働党委員長、朝鮮民主主義人民共和国国務委員長、朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員、朝鮮労働党中央軍事委員会委員長、朝鮮民主主義人民共和国武力最高司令官といった少なくとも5つの肩書きを持っています。

そんな金正恩氏、最近、大満足した事があったそうです。

それはなんと







超大型ロケット砲の試射






、、、ですよね。

彼が私たちみたいにオフやラーメンで大満足するはずがありません。

試射は「超大型ロケット砲の戦闘適用性を最終検討する」のが目的で、今回のミサイルの「連発試射」で「兵器システムの軍事技術的優位性と信頼性が確固として保証されることを実証した」とのことです。

一方、我々ボート部の目的、目標は明確化されてはいるが、その保証なんぞどこにもありません。

技術的優位性と信頼性に上限値は存在せず、保証されることはなくても、日々進化を遂げていることは間違いありません。

部の目標に貢献するためにも、今は自分の目標をしっかり達成していきたいと思います。




といった感じで私は加古川でエイトBのクルーリーダーをやらせていただいた頃、このように北朝鮮を中心に時事を題材としたクルーの反省を行なっていました。

その一例を載せておきます。




不評だったか好評だったかよくわかりませんが、楽しく書かせていただいてました。

練習は大変ですが、その中で楽しさを見出して一つ一つやり遂げていこうと思います。


最後にボート部の一回生男子で箕面温泉に行った写真を載せて終わりたいと思います。



ありがとうございました。