食欲の秋ですね | 同志社大学ボート部公式ブログ
いつもお世話になっております。1回生漕手の磯本迅汰です。今回は自分の体型が大きく変化した高校時代に何度も通っていたジャンキーなご飯屋さんを紹介したいと思います。
1軒目 ジャンク屋 哲
近鉄富雄駅から徒歩1分のところにある二郎系ラーメン屋です。二郎系ラーメンにしては比較的に食べやすく、メニューも割と豊富で何度も通いたくなります。自分のおすすめは「じゃんてつラーメン」と「ドロ塩ペッパー」です。どちらも胃袋を切り裂きにくるようなガツンとした味で1度食べると病み付きになります。また、自分流の食べ方としては、もやしの量に比例してアブラの量を増やすことです。例えばもやしがちょいマシならアブラはマシマシ、もやしがマシならアブラはバカマシと言った感じです。

2軒目 ラーメン家 みつ葉
ジャンク屋哲と同じく最寄り駅は富雄駅で駅から徒歩5分ほどのところにあります。この店、とにかく並びます。整理券が配られることもしばしば。ただそれに見合った、いや、それ以上の味を提供してくれます。ベクトルはいわゆる泡系ラーメンで、関西で多くの賞を受賞するような有名店です。他の店ではなかなか見られない分厚いメンマもこの店の特徴だと思います。自分は並ぶ時間を少しでも短くするため、みつ葉に行く時は朝ご飯を抜いて11時に店に到着してブランチとしていただいてました。奈良県でトップクラスに美味しいラーメン屋ですのでぜひ食べに行ってみてください。

3軒目 一勇翔壮
近鉄大和西大寺駅から徒歩5分のところにある中華料理屋です。この店の名物はラーメンではありません。イケ丼です。ご飯の上にキャベツの千切り、甘辛く炒めた鶏肉がどっさり乗ったガッツリ丼です。並盛りでもなかなかの量があるので軽はずみな気持ちで大盛りは頼まないようにしましょう。自分は途中までそのまま食べて途中からマヨネーズと辛子味噌をたっぷりかけていただきます。そうすることで濃い味にも関わらず最後まで飽きることなく召し上がることができます。また、この店はイケ丼だけでなく定食も絶品なのでぜひそちらも食べてみて欲しいところです。


いかがでしたでしょうか。ぜひ奈良にお越しの際は1度立ち寄ってみて下さい。