シート説明 | 同志社大学ボート部公式ブログ

テーマ:
シート説明

お久しぶりです。2回生漕手の山本涼太です。
朝日レガッタが終わり、数日のオフをいただきましたが、そのオフがあと1日となり焦りを感じております。

さて、4月に行われた新歓について書こうと思います。僕は、試乗会においてある役を任されました。その役は、重要かつ面白くないといけないそうです。その役とは、何だと思いますか!?

正解は、、、



シート説明です!!!


シート説明???


シート! テンション! 上げていこう!

じゃなくて、、、(宴会のノリです笑)


シート説明とは一体なんぞやと。本当に重要なポジションなのかと。

シート説明が何かと申しますと、何にも知らない新入生がいきなり試乗会でエイトに乗って、漕げる訳がありません。なので、新入生に座り方と漕ぎ方を面白おかしく、そしてわかりやすく説明することです。

去年のシート説明を受けて、原田さんと中澤さんのことをこんな面白い人がいるのかと思っていました。そんな役を今年は自分がやるとなった時不安しかありませんでした。

去年の記憶を辿り、セリフやボケを必死に思い出しました。中澤さんから厳しい指導も受けました。中澤さんは非常に厳しく、時には涙を流してしまうほど怒られました。(嘘です。中澤さんは僕が今まで出会った人史上、一番優しいお方です。)

去年から引き継いだボケや、お笑いの動画をたくさん観て研究に研究を重ね、今年から新しく入れたボケ。それらを合わせ、本番までにそれなりのシート説明を出来るようになりました。

いざ新入生を前にシート説明をすると、大笑いしてくれる子がいました。笑ってくれるだけで、僕はもうその子が好きになりました笑しかしその逆に、真顔で僕の顔を見つめてくる子もいました。こいつは何を言っているんだという冷たい視線を感じた時もありました。そんな子ほど意識して見てしまい、落ち込んでいくというスパイラルに陥っていくのでした。

その時、去年自分はそのような冷たい視線を中澤さんに送っていたのではないかと心配になりました。シート説明を受けている時に限らず、新歓においてふてこい1回生だったかもしれません。先輩方すみませんでした。

ボート部に入部を決めてくれた40人近い1回生も、来年僕と同じように、自分はどんな新入生だったのだろうと思うことでしょう。そして新歓の楽しさと大変さを知るでしょう笑

来年は誰がシート説明を受け継ぐのかとても楽しみです。来年のエイト班は僕が引っ張っていきます!


ご精読ありがとうございました。

同志社大学ボート部さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス