「ボート部」 | 同志社大学ボート部公式ブログ

テーマ:



こんにちは。

3回生女子漕手の宇佐見です。


この3月4月、人生で一番と言っていいほど毎日いろいろな予定が詰まりに詰まって超絶多忙な日々を過ごしておりました。朝日レガッタに向けてのハイレートの乗艇メニューが増え、授業が始まり、隙あらばと言わんばかりにバイトに入り、私たちがメインの代となる新歓など、、、。こんなにも1日無駄なく動き続ける人なかなかいないんじゃないかと思うほどでしたが、毎日充実していました。





その中でもやはり新歓は特別です。

ボートが後ろに進む事すら知らない新入生に、ボートの魅力を伝えるのは難しいことです。

キャッチの揃ったスプラッシュがどうで、フィニッシュで水面に浮かぶ泡がこうで、なんて言ったって新入生からすれば、なんのこっちゃって感じです。




部員が新入生に語りかける内容をこっそり聞いていると、ほとんどみんなボート部の話をしてるんです。

他でもない「同志社大学ボート部」の話です。


その中でも一番よく耳にしたワードは

「家族」な気がします。





練習もご飯もお風呂も寝る時もずっと誰かが必ず隣にいます。

同期はもちろんのこと、先輩、後輩関わらずです。そりゃ本当の家族よりも長い時間一緒にいるんですから家族みたいになりますよね。


新入生もよく、本当に家族みたいですねと言ってくれます。

外からも家族みたいに見えるなら、蓋を開ければそりゃあもう。

これだけはボート部に入った人にしかわからないことです。






私たちがボート部に入って後悔させないと本気で言えるのは、こんな素晴らしい家族のような仲間が100人もできるからだと思います。







大学4年間、サークルにバイトに遊び明かすのも楽しいでしょう。好きなこと楽しいことだけしてても誰も何も言いません。

しかし、あえて厳しい体育会という道を選びその厳しさの先に見える何かを仲間と追いかけ続ける4年間は、ほかの何とも変えがたい人生の糧になるでしょう。





その選択肢にボート部の道が薄っすらでもあるならば、一歩踏み出してみてください。

最高の4年間になること間違いありません。




アツい志をもつ新入生、待っています!!




{5D3CF754-FD4C-4507-8CEC-A209D45F8864}

{FCFE0F45-5347-4178-B76E-586C54C4C791}




同志社大学ボート部さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。