死ぬまでに行きたい場所 | 同志社大学ボート部公式ブログ

テーマ:
お久しぶりです。
2回生マネージャーの福島沙帆です。

試験やレポートに追われる日々も終わり、春休みが始まりました。試験は日数も少なく乗り切ったのですが、私は期日が迫らないと本気でやる気にならない性格なため、レポート素材の文献を探しに本屋さんや図書館に行く度に脱線して、こんな本ばかり立ち読みしていました。

今回、とても個人的なブログになりますが、私が一度行ってみたいところトップ3を紹介したいと思います。

第3位 ドバイ(アラブ首長国連邦)
私が特に行ってみたいのはパームアイランドです。ここは、月からも見える世界一大きな人工島として有名です。世界のセレブが集まる別荘地であり、高級リゾート地です。

さらに、ドバイの王子がイケメンだという噂はご存知でしょうか。


確かにイケメンですよね。顔が濃いです。さらにこの方、個人資産120億ドルと言われています。さらにさらにインスタのフォロワー数500万人以上という人気者です。この王子には婚約者がいるとかいないとか噂が立っていますが、アラブ首長国連邦は一夫多妻制だそうです。夢が膨らみますね。
ドバイは同期の大慈君が秋に行ってたみたいです。羨ましいです。たくさんのお土産を買って帰ってきてくれました。ありがとう。

第2位 ポルトフィーノ(イタリア)

ここは東京ディズニーシーのメディテレーニアンハーバーのモデルと言われているところです。歩いてるだけで楽しそうです。シーにはイタリアを模倣したショップやアトラクションがたくさんあり、それを存分に楽しみたいがために3回生になったらイタリア語を履修しようかと考えています。私の思考回路が単純すぎるのは自覚しています。イタリア語をオシャレに使いこなせるようになって、是非行きたいところです。

第1位 フィンランド
私が最も行きたいと思っているところが、北欧フィンランドです。フィンランドは、皆様ご存知の通りムーミンの故郷であるのですが、教育水準高さでも有名であり教育学研究の最先端を行く国です。私は社会学部教育文化学科に在籍しており、教育心理学や心理学的教授法を主に研究したいという望みがあります。その上でもフィンランドは私にとってとても魅力的な国であり、憧れの地であります。フィンランドの綺麗な街並みもお気に入りで、そして、人生のうちに1度でいいのでオーロラを見てみたいものです。



とても個人的な話を自由に書いてしまいました。温度差が激しい上、拙い文章で申し訳ございません。
最後まで読んでいただきありがとうございました。失礼致します。

同志社大学ボート部さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス