Engelbert Humperdinck(1936.0502-)は"King of romance"とも呼ばれる英国を代表する

エンターテイナー。先日、日本でも1日だけの公演もあった。ステージばかりでなく新譜もコンスタント

にリリースされているがここ数年、日本では発売が見送られている。イギリスではSirの称号を与えられ世界的な人気歌手である。

今回はそのエンゲルベルトの歌う映画主題歌の特集です。

"Free as the wind"はJerry Goldstein-Harold Shaperの作品。映画「パピヨン」(1974)の主題歌。

ACチャートで34位を記録。


"Too beautiful to last"「ニコライとアレクサンドラの愛のテーマ」(1972)は全米86位 

ACチャート16位まで上昇したRichard Bennett-Paul Francis Webstarの作品。

”Aquarius/Let the sunshine in"はMusical”Hair"(1967)の挿入歌。Gerome Ragni-James Rado-Galt Mac Dermontの作品。5th Dimension盤が大ヒットしました。

 

"Love is a many splendored thing"(慕情)は同名映画(1955)の主題歌。Paul Francis Webster-Sammy Fainの作品でアカデミー主題歌賞を受賞しています。

 

 

 

"Everybody's talkin"(うわさの男)は映画「真夜中のカーボーイ」(1969)の主題歌でFred Neilの作品。

"Raindrops keep fallin' on my head"(雨にぬれても)は映画「明日に向かって撃て」(1969)の主題歌でアカデミー主題歌賞を受賞しています。

"Shadow of your smile"(いそしぎ)は映画「いそしぎ」(1965)のテーマ曲でJohnny Mandel-Paul 

Francis Websterの作品。アカデミー主題歌賞を受賞。

"This is my song"(愛のセレナーデ)は映画「伯爵夫人」(1967)の主題歌でCharles Chaplinの作品。

”Eternally"(テリーのテーマ)は映画「ライムライト」(1952)のテーマ曲。Geoffrey Parsons-Charles Chaplinの作品。

 

 

"Man and a woman"(男と女)は同名映画(1966)のテーマ曲でPierre Barouh-Francis Lai-Jerry Kellerの作品。

"Can't help fallin in love"(好きならずにいられない)はLuigi Creatore-HUgo Peretti-George David

Weissの作品。映画「ブルーハワイ」(1961)に使用され著名になった作品。Engelbert盤は1979年

ACチャートで44位を記録。

"What a wonderful world"(この素晴らしき世界)はBob Thiels-George David Weissの作品。

Louis Armstrongのヴォーカル盤が1967年、1988年にヒット。後者は映画"Good morning Vietnam"

に使用されてのヒットでした.。

"What I did for love"はMusical「コーラス・ライン」(1975)の挿入曲。Edward Kleban-Marvin Hamlishの作品。ライヴ映像から。

 

"Time for us"(ロミオとジュリエットの愛のテーマ)は映画「ロミオとジュリエット」(1968)の主題歌。

Larry Kusik-Nino Rota-Eddie Snyderの作品。

"Mona Lisa"は映画「別働隊」(1950)の主題歌でJay Livingstone-Ray Evansの作品。

アカデミー主題歌賞を受賞しています。Nat King Cole盤が大ヒットしています。

 

人気ブログランキング

 

にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村