今回は"Something"の特集です。"Something"という単語には「何か特別なもの」を意味する場合も

あるようです。

"Something better to do"(秋風のバラード)はOlivia Newton-John盤が1975年全米13位

にランクされました。John Farrarの作品。

 

"You do something to me"はCole Porterの1929年の作品。Doris Dayの録音。

 

"Something wonderful"はRichard Rodgers-Oscar Hammerstein IIの作品。Musical「王様と私」(1951)で

紹介された作品。Peggy Leeの録音。

 

 

"Something's gotta give"はJohnny Mercerの作品。映画「足ながおじさん」(1955)の主題歌。

Sammy Davis, Jr盤が同年全英11位、全米9位を記録しました。

 

 

"Something old, something new"(夢のウエディング・ベル)はMarvin Montgomery-Mary Tarverの作品。

Paul & Paula盤が1963年全米77位を記録しました。

 

"Something good"はRichard Rodgersの作品。Musical映画"Sound of music"(1964)の挿入歌。

映画のサウンドトラックからJulie Andrews & Christopher Plummerのduet。

 

 

”I'm into something good"(朝からゴキゲン)はGerry Goffin-Carole Kingの作品。

Earl Jean盤が1964年全米38位を記録しました。

 

"Always something there to remind me"(恋のウエイト・リフティング)はHal David-Burt Bacharachの

作品。Sandie Shaw盤が1964年全英第1位を記録しました。

 

”Somethin' stupid"(恋のひとこと)はCarson C. Parksの作品。1967年Frank & Nancy Sinatra盤が

全米第1位を記録しました。

 

 

"When something is wrong with my baby"はSam & Dave盤が1967年全米42位にランクされました。

Isaac Hayes-David Porterの作品。

 

"Something's happening"(恋のハプニング)はHerman's Hermits盤が1969年全英6位にランクされました。

Ricca Del Turco-Giancar Bigazzi-Jack Fishmanの作品。

 

"Something's burning"はMac Davisの作品。1970年Kenny Rogers & the First Edition盤が全米11位

にランクされました。

 

"Something"はGeorge Harrisonの作品。Shirley Bassey盤が1970年全英4位にランクされました。

 

 

”Something big"はHal David-Bur Bacharachの1973年の作品。Mark Lindsayの録音。

 

"Something to talk about"はBonnie Raitt盤が1991年全米5位にランクされました。

Shirlet Eikhardの作品。

 

 

"Something's gotton hold of my heart"(心はいつも君のもの)はRoger Greenaway-Roger Cookの作品。

Marc Almond with Gene Pitney盤が1989年全英第1位を記録しました。

 

 

人気ブログランキング

にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ洋楽へ
にほんブログ村