2005-11-10 12:00:58

富士山のバナジウム天然水(ヘンデル「見よ勇者は帰りぬ」 )

テーマ:コード理論(バロック音楽)


セレブレーション・クラシック


オムニバス(クラシック), レーヌ(ジェラーヌ), ヘンデル, 鈴木慶江, ケンブリッジ・キングズ・カレッジ合唱団, アカデミー室内管弦楽団
コンポーザーズ・エヴァー!ヘンデル

トーマス・ハーデン・トリオ
JAZZで聴くハイドン、ヘンデル


【1本208円X6本】アサヒ 富士山のバナジウム 天然水 2L(Natural Mineral Water)

【このコンテンツは批評目的によるゲオルグ・フリードリヒ・ヘンデル氏の音楽の引用が含まれています。音楽の著作権は著作権者に帰するものです。また、個人的耳コピのため音楽的には間違った解釈である可能性もありますが、故意に著作権者の音楽の価値を低めようとするものではありません。著作権者主体者の権利、音楽の美学を侵害した場合いかなる修正・削除要請にも応じます】


 アサヒ「富士山のバナジウム天然水」のCM(コチラで視聴 )から、ゲオルグ・フリードリヒ・ヘンデル(Georg Friedrich Händel、1685~1759)作、オラトリオ「マカベウスのユダ(Judas Maccabaeus)」第三幕「見よ勇者は帰りぬ(See the Conqu'ring Hero Comes)」を。運動会の表彰式などでお馴染みの超メジャー曲だ。キーはEbメジャー、ギターで弾いてみよう。

   Eb
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-6---------------|-6---------------|
B:-8-------8---8-9-|-8---------------|
G:-----------------|---------8-------|
D:-----8-----------|-----8-----------|
A:-6-------6---6-8-|-6-----------6---|
E:-----------------|---------6-------|
   Bb7
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-----------------|-----------------|
B:-6-8-9-119---8---|-6---------------|
G:-----------------|-7-----5---------|
D:-----------------|-8-7-8---8-6-5---|
A:-5-6-8-108---6---|-8-------------8-|
E:-----------------|-6---------------|
   Eb
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-----6-8-6---6---|/11--11--6---6---|
B:-8-9-----8---8---|/11--11--8---8---|
G:-----------------|/12--12--8---8---|
D:-----8-----------|/13--13--8---8---|
A:-6-------6---6---|---------6---6---|
E:-----------------|-----------------|
   Fm7     Bb7       Eb
   +   +   +   +     +   +   +   +
e:-----------------|-----------------|
B:-9---8---6-------|-8---------------|
G:-8---7---7-----8-|-8---------------|
D:-6---6---6-----6-|-8---------------|
A:-8---8---8-----8-|-6---------------|
E:---------6-------|-----------------|

 「マカベウスのユダ」は、紀元前二世紀頃のイスラエルの英雄ユダ・マカバイのオラトリオ(舞台や芝居のないオペラ)。ドイツ・ハレにてザクセン・アウグスト公の宮廷理髪師兼外科医の子として生まれまたヘンデルは、教会のオルガニスト、ヴァイオリン奏者などを遍歴、1710年イギリスに渡り、職業作曲家としてメジャーになり、イギリスに帰化した。


 バッハともにドイツ・バロック音楽の巨匠であるが、オペラやオラトリオなど大衆音楽の方面で活躍している点が大きくバッハと違う。コントラバスの楽曲を練習していても、ヘンデルとハイドン(一緒にしてスマン)は、スリーコードをメインとし、メロディが単純でゆったりしている印象がある。そのままレゲエのリズムで弾いてみたら、レゲエの楽曲として通用しそうなものが多い。左に掲げたアルバムのように、ジャズ的アプローチでも演奏されており、バロックと現代ポピュラー音楽の橋渡しをしてくれそうな人なのだ。

■関連リンク:アサヒCMギャラリー

■関連記事:バッハ「イタリア協奏曲」  バッハ「クラビア小曲集」


☆音楽解析の続編は『コチラ』 にて!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-10-22 16:00:55

鈴木杏&神木隆之介「クノール カップスープ」(バッハ)

テーマ:コード理論(バロック音楽)
【クノール】カップスープ コーンクリーム 10P(1ケース5個入り)

ピース―鈴木杏写真集

レオンハルト(グスタフ), バッハ, アメリング(エリー), コッホ(ヨハネス), マイ(アンゲリカ)
バッハ:「アンナ・マグダレーナ・バッハの音楽帖」より

 鈴木杏と神木隆之介が姉弟を演ずる、味の素「クノール カップスープ」のCM「野菜編」(コチラで視聴 )の音楽は、

バッハ「アンナ・マグダレーナ・バッハのためのクラビア小曲集」2曲目の「メヌエット ト長調(BWM Anh.114)」だ。キーはGメジャー(=ト長調)ではなく、Bbメジャーに、リズムは2/4拍子でなく、4/4拍子、それもジャズ風4ビート(3連シャッフル)にアレンジされている。コード進行は、


|4/4 Bb |Bb |Eb |Bb|
|Cm7-F7 |Bb-Gm7 |F7/A |Cm7-F7|

 ツーファイブ(Ⅱm7-Ⅴ7=Cm7-F7)(参照 )、循環コード(Ⅱm7-Ⅴ7-Ⅰ-Ⅵm7)(参照 )から構成される基本的な構造で、原曲のベースライン=コード進行を尊重したアレンジだと思う。バッハはこの曲を再婚した妻、アンナのために書いた。愛情が伺える練習曲だ。 


 CM曲は旋律を口笛がとっている。ギターと口笛で弾いてみよう。クノール・カップスープ、愛しの宮崎あおい嬢が外れてちょっと残念だが、このCMもよし。


■関連リンク:クノールCM情報

■関連記事:「イタリア協奏曲」  宮崎あおい版


【このコンテンツは批評目的による味の素の音楽からの引用が含まれています。音楽の著作権は著作権者に帰するものです。また、個人的耳コピのため音楽的には間違った解釈である可能性もありますが、故意に著作権者の音楽の価値を低めようとするものではありません。著作権者主体者の権利、音楽の美学を侵害した場合このページに限り、いかなる修正・削除要請にも応じますので、ご教授ください】

☆音楽解析の続編は『コチラ』 にて!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-10-12 23:00:54

セブンイレブン「おでん」(バッハ「イタリア協奏曲」&稲田奈緒)

テーマ:コード理論(バロック音楽)

八月拾五日のラストダンス


グールド(グレン), バッハ
バッハ:イタリア協奏曲


グルダ(フリードリヒ), バッハ, ヘンデル, シューベルト
バッハ:イタリア協奏曲


W. エメリー, 高橋 悠治
原典版24 バッハ イタリア協奏/フランス序曲


リヒテル(スビャトスラフ), バッハ
バッハ:イタリア協奏曲
辛っ!旨っ!!老舗及川の辛辛おでん~♪キムチ鍋風スープ、最後の一滴まで飲んじゃうくらい美...

 

【このコンテンツは批評目的により、バッハ氏の楽曲の引用が含まれています。音楽の著作権は著作権者に帰するものです。また、個人的耳コピのため音楽的には間違った解釈である可能性もありますが、故意に著作権者の音楽の価値を低めようとするものではありません。著作権者の権利、音楽の美学を侵害した場合いかなる修正・削除要請にも応じます】


 「またおいしくなってる!」とこの季節、セブンイレブンのCMを見るたび、「じゃあ去年は不味かったんかい?」と突っ込むのは私だけではないだろう。少なくとも、元バイト仲間のEG君もそうだった。セブンイレブン、”おでん進化論”と銘打ったCM、おでん「こんなに篇」(コチラで視聴 )。


 音楽はバッハ(Johann Sebastian Bach)「イタリア協奏曲ヘ長調 BWV 971(Italienisches Konzert F-dur BWV971)」。今日はこの冒頭部分を、稚拙ではあるが、ギター・ソロに編曲してみた。キーはFメジャー(へ長調)、2/4拍子。


   F             Bb    F   Bb      F
   +   +     +   +     +   +     +   +
e:---1-----|---------|---1-----|---------|
B:---------|-1---3---|-1-----43|-3-1-----|
G:-----2-3-|-2---3---|-2---3---|-3-2-----|
D:-3-------|-----3---|-----3---|-3-3-----|
A:-3-------|---------|-----1---|---------|
E:-1-------|---------|---------|---------|
   C         Am7       F         C
   +   +     +   +     +   +     +   +
e:---8-0-1-|-3---5---|-3-8---65|-5-3-----|
B:-----1-3-|-5---0---|-5-6-6-66|-6-5--1--|
G:---------|---------|---5-5---|-------32|
D:---------|---------|-----7---|---------|
A:---------|-----0---|---------|---3-----|
E:-8-------|---------|---------|---------|
   C7        F         Cm        Dm7
   +   +     +   +     +   +     +   +
e:---3-----|---------|---8-----|------013|
B:------320|-------13|-4----431|-31-13---|
G:-3-------|-20-023--|---------|---3-----|
D:-2-------|-3-3-----|---------|---------|
A:-3-------|-3-------|---------|---------|
E:---------|---------|---------|---------|

 1~4小節は、Ⅰ-Ⅳヴァンプ。

 5~8小節は、Ⅴ-Ⅲm7-Ⅰ-Ⅴ

 9~12小節はⅤ7-Ⅰ-Ⅴm-Ⅵm7

12小節目のコードは間違っているような気もする。

 「イタリア協奏曲」は2段鍵盤付き大形チェンバロ用に、1734年に書かれたもの。イタリアの合奏協奏曲の作曲原理が応用されたものらしい。なんと言っても煌びやかな旋律が魅力の曲。一生かかってもマスターしたいものです。

 出演者は、ミュージカル版セーラームーンに出ていた稲田奈緒嬢。なお、セブンイレブンのテーマ曲は、キーDメジャーで、


セブン イレブン  いいきぶ
|4/4 E7 -A7 |A7 -D|

 と、お辞儀終止系。


 しかし、コンビニのおでん、別にそんなにマズイと思ったことは無い。考えてみるに、大体、買うときは家族全員が疲れていて、自炊する気も、外食に出かける気も無いとき。寒くて暖かいものが欲しいときだから、いつも「美味しいかマズイか考える余裕が無い」ときに食べているからだと思う。結構そういう人も多いと思うから、「今年は美味しくなりました」みたいなキャッチコピーは辞めてもいいのではないかと思う。


 まあ、「お約束」なのだとしたら、甚だオヤジの駄文で申し訳ないが。


■関連リンク:セブンイレブンCM情報

■関連記事:神戸みゆき  G線上のアリア


☆音楽解析の続編は『コチラ』 にて!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-17 18:08:56

G線上のアリア

テーマ:コード理論(バロック音楽)


G線上のアリア100%


映画1

転校生


映画2

セブン


映画3

NEON GENESIS EVANGELION - DEATH (TRUE) 2 : Air / まごころを君に

【このコンテンツは批評目的により、バッハ氏の楽曲「G線上のアリア」の引用が含まれています。音楽の著作権は著作権者に帰するものです。また、個人的耳コピのため音楽的には間違った解釈である可能性もありますが、故意に著作権者の音楽の価値を低めようとするものではありません。著作権者の権利、音楽の美学を侵害した場合いかなる修正・削除要請にも応じます】


 「この曲がかかると必ず涙が出る曲」ってないだろうか? 僕はバッハの「G線上のアリア」がソレだ。バッハ(J.S.Bach)が管弦楽組曲第3番のために書き下ろし、名ヴァイオリニスト、A. ヴィルヘルミがヴァイオリンのG線一本で演奏できるようにアレンジしたこの曲を、僕はコントラバスの弓の練習曲としてきた。約15年間。ベースのG弦一本で歌う。出だしのEの音が難しい。そぉっと、入らなきゃならない。なかなかクリアで綺麗な音にならない。心を静め、音に対してもっと集中しないと、いい音が出ない。人間の精神世界にまで深く入ってくる音楽。それが、G線上のアリア。この曲は僕と一体になっている。


 特に、映画で効果的に使われると、もう駄目だ。涙が止まらない。大林宣彦監督「転校生」(映画1)。尾道御袖神社の階段で性が入れ替わった一美(尾美としのり)と一夫(小林聡美)。もう、その生活に耐え切れなくなり、2人は、駅前桟橋から、瀬戸田行きフェリーに乗り込む。お先真っ暗、行く宛てのないの2人と、社員旅行の下衆なおとなたち。生口島を抜けていくフェリーを夕日が包む。流れるG線上のアリア。号泣。


 連続して起こる猟奇事件。引退間際のベテラン刑事サマセット(モーガン・フリーマン)は、事件のコンテクストにダンテ「神曲」を読み取る。その裏づけのために訪れる図書館で、流れるG線上のアリア。しっとりと泣ける「セヴン(Seven)」(映画2)。神との出会いは人それぞれであり、その神も千差万別。


 新世紀エヴァンゲリオン(映画3)。再起したパイロット、アスカ・ラングレー(宮村優子)は、自分の過去と、使徒と、壮絶な闘いを繰り広げる。少女アスカの繊細な葛藤を、悩みを、血を、優しく包むG線上のアリア。もうダメ、号泣した。


 そう、超越的な美的な何か、なのだ、G線上のアリアは。

 完璧な螺旋構造を描く、コード進行の美学に浸ろう。進行中もっとも美しく、滑らかである完全4度上昇ループが描かれている。4小節ずつ見ていこう。テンションは省略。【B】パートは特定のリズムに縛られておらず、自由なテンポでの演奏が可能。様様な解釈があるようだが、ここでは一般的なもの(ゆったりめ)にしました。テンポが自由だから、「エア(Air)」という曲名らしい。


【A】

|Ⅰ-ⅠM7/Ⅶ|Ⅰ6/Ⅵ-Ⅰ/Ⅴ|Ⅳ-#Ⅳdim|Ⅴ-Ⅴ7|

 単純化すると、Ⅰ-Ⅳ-Ⅴ7に過ぎない参照 )。1~2小節目は本当はトニックだけのワンコードだが、ベースラインを「ド→シ→ラ→ソ」と下降するクリシェ(参照 )を用いている。3小節目、#Ⅳdimの挿入は、ツーファイヴⅡm7b9の#Ⅳdim代理による潤滑化パターン(参照 )。


|Ⅲm7|Ⅵ7|Ⅱm-Ⅱm7|Ⅴ7|



 トニックⅢm7から始まり、完全4度上昇してトニックへ戻る。


|Ⅰ-ⅠM7/Ⅶ|Ⅰ6/Ⅵ-Ⅵm7|Ⅴ7|Ⅴ7|

 冒頭と同じくクリシェ、Ⅵm7に代理してからドミナントへ、そして【A】パート冒頭に戻り、繰り返す。


【B】

|Ⅴ7-Ⅴ7/Ⅳ|Ⅲm7-Ⅲm7/Ⅱ|Ⅵ7|Ⅱm7|

 ドミナント→トニック(Ⅲm7)、4度上昇したⅥをドッペルドミナント(参照 )として、また完全4度上昇。


|Ⅲ7|Ⅲ7|Ⅵm7-Ⅲ7|Ⅵm7|

 このⅢ7もⅥmへ繋がるドッペルドミナント。



|#Ⅳdim|Ⅱ7|Ⅴ7-Ⅰ|Ⅴ7|

 前小節Ⅵm7から、Ⅱm7b9代理#Ⅳdimを挿入しつつ完全4度上昇を繰り返し、ドミナントへ。


|Ⅰ7-Ⅳ|Ⅱ7-Ⅴ7|♭Ⅵdim-Ⅵ7|Ⅱm7|

 トニックに戻るが、Ⅰ7はⅣのドッペル・ドミナント。2小節目はツーファイヴ、3小節目♭ⅥdimはⅤからの短2度上昇でかつ、Ⅲm7b9代理で、Ⅵ7へ、その先(Ⅱm7)も完全4度上昇。そのまた先も。




|Ⅴ7|Ⅰ|Ⅰ7|ⅥM7|

 完全4度上昇。いよいよクライマックス。前半下降していたラインが今一気に上昇、解放への階段を上る。


|Ⅱm7|Ⅴ7|Ⅰ-Ⅴ7|Ⅰ|

 サブドミナント代理でⅡm7になりツーファイヴ、解決、昇天。


 


 僕らは決して、崇高な世界に生きているわけではない。物理的にも、精神的にも。だからこそ、思わぬ場所/時に、崇高な精神に出会うと、驚きのあまり涙を流し、贖罪する。デパートのトイレ内で用を足しているとき、有線放送から流れたアリアに。あたかもO.ヘンリの短編、ホーボーが出会う教会のオルガンの音のように。


■関連記事:パッヘルベルのカノン  宮崎あおい「クノール・カップスープ」  ワコール、アイ・ラヴ  藤本綾  アウトキャスト


青春デンデケデケデケ
ショーシャンクの空に  

キューティーハニー  


☆音楽解析の続編は『コチラ』 にて!

いいね!した人  |  コメント(117)  |  リブログ(0)
2005-05-22 18:32:58

バッハのプレリュード

テーマ:コード理論(バロック音楽)

和声学をシコシコ探求するワケの解らない blog 化しつつあるが、「『ⅣはⅡmに代理できるから』などと言われてもさっぱりわからん。読み飛ばす」、と wife から言われる。


そんなときに打ってつけなのがバッハのプレリュード。少なくとも自分はそうだった。

この曲は以下の単純なコード進行ブロックを、次々と変形していくバリエーション見本市なのだ。
骨格は、


|Ⅰ|Ⅳ|Ⅴ7|Ⅰ|

これだけ。これを9回繰り返す、変形しながら。Kinks のRay Davies 「俺の人生は3コード」発言の如き潔さ。

その変形の過程を見ていこう。キーはCで。


No. codes roman info
1) |C|Dm||G7|C| |Ⅰ|Ⅱm|Ⅴ7| Ⅰ| -
2) |Am|D7|G|C| |Ⅵm|Ⅱm|Ⅴ7|Ⅰ| -
3) |Am/C|D7/C|G/B|C| |Ⅵm|Ⅱ7|Ⅴ7|Ⅰ| -
4) |Dm|Bdim|C|F| |Ⅵm|♭Ⅴdim|Ⅴ7|Ⅰ| ←ここで4度上のFに転調する
5) |Dm7|G7|C|C7| |Ⅵm7|Ⅱ7|Ⅴ|Ⅴ7| -
6) |FM7|F#dim|Cm9|G#dim| |ⅠM7|#Ⅰdim|Ⅴm9|#Ⅱdim| -
7) |G7|C|Dm/C|G7| |Ⅰ7|Ⅳ|Ⅴm|Ⅰ7| ←ここでGに転調
8) |Bdim|C|Dm add11|G7| |Ⅲdim|Ⅳ|Ⅴm|Ⅰ7| -
9) |C7|F|G7|C| |Ⅰ7|Ⅳ|Ⅴ7|Ⅰ| ←ここでCに転調


注: 転調が生じた場合、たとえばキーFに転調したときは、F=Ⅰとしている。

また、ローマ数字式相対コード進行で、基本形から変化の生じた部分を赤字表記した。既出の変化は黒字である。


さて、ひとつひとつ「どんな変形が行われているのか」みていこう。


1) Ⅳを代理コードⅡmに変える。ⅣとⅡmはともにサブドミナントであり、ファとラを共通音として持つからだ。

また、Ⅱmは4和音(Ⅱm7)とした場合、ドも含む。つまりⅡm7 = Ⅳ6(6thは基本的に多くのコードで混ぜることが可能)。変換後のⅡm→Ⅴ7→Ⅰをツーファイブケーデンス(進行)と呼ぶ。音楽の完全終止形(=おじぎ終止)であり、ジャズでも中核となる理論だ。


2)Ⅰを代理コードⅥm に変える。ⅠとⅥmはともにトニックであり、ドとミを共有している。Ⅵmを4和音=Ⅵm7 とした倍ソも共有する。コレもⅥm7 = Ⅰ6。


3) ⅡmをⅡ7に変える。Ⅱ7は3小節目V7へのドッペル・ドミナント。ドッペル・ドミナントとは、Ⅱm→Ⅴ7→Ⅰというツーファイブ進行の発展形で、この上昇進行の滑りを良くするもの。つまり、Ⅱmがメジャー化することでファがファ#となり、Ⅱ→Ⅴ7のラインで、ファ#→ファという装飾が生まれることになる。


4) ♭Ⅴdim はディミニッシュコード。ディミニッシュコードとは、構成音がすべて1.5音間隔になっている(Bdimの場合、シ、レ、ファ、ラ♭)不安なコード。これは、Ⅱ7(この場合G7)の代理が可能とされている。なぜなら、シ、レ、ファの3音を共有しているから。G7 にテンション♭9(=A♭)を加えて、G7♭9 とした場合4音を共有できる。


5) 1小節目はⅥmをⅥm7と7th追加したもの。4小節目のⅤ7は (6) のⅠM7 へのドッペル・ドミナントだ。

つまり、ここでⅠに進んでしまった場合、(6) の冒頭ⅠM7 の存在感が薄くなるため、時間を引き延ばして待っていると考えるとよい。例えるなら「ごっつええ感じ」の、「恐怖のキョーちゃん」のテーマソング、「恐怖の、キョーーーーーーーーーー」という遅延の部分だと思えばよい(thanks Mr. JM)。


6) ココはちょっと難しい。1小節目でⅠにセブンス追加してⅠM7。2小節目、#Ⅰdim はⅠ7の代理。すると、ⅠM7→Ⅰ7という進行になり、Ⅰ→Ⅳに置き換えている(ここだけ説明する自信ない)。3小節目で、Ⅴmとマイナー化、コレは(7) でのI7化を先取りする。つまり、シ♭をもつ。4小節目で#Ⅱdimという転調先の半音上のパッシングディミニッシュコードを用いる。パッシングディミニッシュコードとは、進行経過音としての装飾。たとえばギターで、セーハしたフォームをスライドした場合無意識のうちに使うのがパッシングコード。そのディミニッシュ版と思えばよい。


7) Ⅰをマイナー7thを加える。これは (9) へ布石となる。ここでもⅤmが続く。A♭+B♭というCに対するサブドミナント・マイナー群が鳴り響き、(9) の大団円へいたるドラマを演出する。未来少年コナンに例えれば、ここがギガント。


8)  冒頭Ⅲdim はⅠ7の代理コード。Bdim=シ、レ、ファ、ラ♭、G7=ソ、シ、レ、ファで、3音共有だから。


9) 元のCに戻る。音楽の骨格に戻り、大団円を迎えた。


転調の過程をみるとまた驚く。転調はⅠ→Ⅳ→Ⅴ→Ⅰ.つ、つまり、4小節のユニットのコード進行とまったく同じで、入れ子構造になっているわけだ。「ゲーデル・エッシャー・バッハ」って本が流行ったことがあったが、確かに、エッシャーの描く階段のような構造美だ。


バッハが弟子たちのために書いた、平均律クラヴィアは音楽の旧約聖書と例えられます。

この「前奏曲」を練習するたびに、自分がゼロに巻き戻される気分。音楽好きはみなバッハの弟子なのだろう。

#さすがに今回はアフィリエイトリンク、はるきにならん。


■関連記事:G線上のアリア


☆音楽解析の続編は『コチラ』 にて!


いいね!した人  |  コメント(39)  |  リブログ(0)
2005-05-18 00:17:00

パッヘルベルのカノン、名曲の秘密

テーマ:コード理論(バロック音楽)

◆出社途中の東京フォーラム中庭で


Daniel

鳴り響く「パッヘルベルのカノン」のギター演奏。

奏者は Daniel というミュージシャン。

東京フォーラムで、ヘブンアーティスト企画が開催中。

(追記:この日だけでした。。)

色んな若手ミュージシャンが路上演奏するらしい。


東京フォーラムのガラスの壁にアンプを通した

アコースティックギターの響きがとてもいい感じ(Ⅳ)でした。

思わず、会社(Ⅴ)に行かずそのまま家(Ⅰ)に帰りたくなったほど。



◆パッヘルベルのカノン


原曲は

3つのヴァイオリンと通奏低音のためのもの で、


ドイツ・バロックのオルガン音楽に貢献したオルガニスト

J. Pahcelbel により書かれました。


Cを基調とした場合、


| C G | Am Em | F C | F G7|


の繰り返し。

これに加えて、ベースラインが


| C B | A G | F E | F G |

と動きます。ど→し→ら→そ→ふぁ→み と下降していき

ふぁ→そ、と上昇し、また「ど」に戻るのです。


このコード進行はポピュラー音楽の歴史のなかで

何度も繰り返し使用されたパターンです。


例をあげるとキリがありませんが、たとえば、


・バッハ "G線上のアリア"

・Percy Sledge "When a Man Loves a Woman"

・ポリス "見つめていたい"

・はなわ "佐賀県"

・イルカ なごり雪

・Mott the Hoople "Saturday Gigs"

・KAN "愛は勝つ"

・Jackson5 "I'll be There"

・戸川純 " 蛹化の女"

・Matching Mole "O Caroline"

・Ralph McTell "Streeet of London"

・井上大輔 "風にひとりで"

・Wynder K Frog "Hymn to Freedom"

・the Beatles "Let It Be"

・Ann Odell "Children"

・Eric Clapton "Tears in Heaven"

・Procol Harum "青い影"

・Bob Dylan "くよくよするな"

・Minnie Riperton "Loving You"

・Staff "愛しの貴女"

・Television "Vinus"

・徳永英明 壊れかけのRadio

・BORO 大阪で生まれた女


などなど。。

(コードは部分的に違いますが、概ね、ということでご了承を)


昨日、音楽は「アーメン終止」と「おじぎ終止」に大別できる という

話をしましたが、今日は、この名曲、

「パッヘルベルのカノン」のコード進行を分析してみます。

この曲を知れば、音楽の骨格がつかめると思うのです。


◆曲の構造


ローマ数字で書いた場合


| I V |Ⅵm Ⅲm | Ⅳ Ⅰ| Ⅳ Ⅴ7|


になります。

この進行をもっとシンプルに抽象化してみましょう。


2小節目のⅥmと Ⅲm はI の代理コードとなります。

 I  = ど、み、そ

 Ⅵm = ど、み、ら

 Ⅲm =    み、そ、し

という和音ですから、2音の共通音があるからです。


これを当てはめると、


| I V | Ⅰ | Ⅳ Ⅰ| Ⅳ Ⅴ7|


という進行に抽象化できました。


次に、Ⅰ→Ⅴ→Ⅰという進行に注目しましょう。

これは Ⅰ→Ⅰというワンコード進行を仮想Ⅴ変換したものです。

よく同じコード内で、「ど、そ、ど、そ」とベースが弾いているのを

聴いたことがあるかと思いますが、それと同じ理論です。

3小節目と4小節目にかかる Ⅳ→Ⅰ→Ⅳも、

同じようにⅣ→Ⅳと抽象化可能です。


つまり、


| I  | Ⅰ | Ⅳ | Ⅳ Ⅴ7|


という型まで抽象化可能。

4小節目に食い込んでいる部分を取り除くと


| I  | Ⅰ | Ⅳ | Ⅴ7 |


となります。

コレが「音楽の骨格」になるのです。



◆トニック、ドミナント、サブドミナント

#お詳しいかたは我慢してお読みくださいね:-)


Ⅰと、ⅣとⅤ7.つまり、ど、ふぁ、そ。

すべての音楽のコード進行はこれから成り立つ、と言われます。


Ⅰ=「ど」の「トニック」は最も安定した3和音

私たちのHOME, 我が家のようなもの。

(我が家が居心地悪い方々、すみません)


Ⅳ(ふぁ、ら、ど)=「サブドミナント」の響きは、

「ど」を含むのでちょっと和らぐが「ふぁ」という

ちょっと不安な響きが混じる。学校や、会社のようなもの。


Ⅴ7(そ、し、れ、ふぁ)=「ドミナント」の響きはⅠからみると

半音違いの不協和音である「し」を含み不安定。

通勤、通学電車や、会社でのトラブルのようなもの。

落ち着きません。落ち着かないから何とか家に帰ろうとします。

家に早く帰りたい気持ちが、7th というテンションを生みます。

7thが混じる理由は、


Ⅳ→Ⅴ→Ⅰ 


の進行において、

「ふぁ」がⅣ→Ⅴの共通音となって進行を滑らかにし、

「ふぁ→み」の下降ラインがⅤ→Ⅰの進行を滑らかにするため。


基本、音楽はⅠから離れ、Ⅰへ戻っていくドラマなのです。

私たちの日常と同じです。


このたとえ話、基本はは↓の受け売りです。

著者: 宮脇 俊郎
タイトル: ギターの理論に強くなる本!―全てのジャンルのギターの理論に役立つ知識

↑この本、すごく勉強になります。



◆まとめ

このような最もシンプルな音楽の構造、

和声進行の上に装飾として成り立つテンションと、

美しいベースライン。


この構造美が永遠に私たちの胸をうつのでしょう。


パッヘルベルのカノンを

ギター初心者向け(そうでもないか?)にアレンジした譜面は

↓がいいと思います。

著者: 斎藤 まもる
タイトル: ギターで弾く クラシック名曲アルバム Vol.2 全曲タブ譜―付


■関連記事

・ G線上のアリア

丸大ハンバーグ

音楽のわかる本(1)

オー・キャロラインを日本語で歌う

バッハのプレリュード

仲間由紀恵がひらめいたときの

「風にひとりで」をギターで弾き語り

波田陽区ギタープレイ解析【補完計画1】


■関連リンク


Daniel 公式サイト


■関連商品



カノン100%パッヘルベルのカノンによる天然果汁の詰合わせ

パッヘルベルのカノン / オン・パレード


補遺

1) Ⅰ→Ⅴの部分を

逆循環コード(下降4度進行)と解釈する場合もあるようです。

「落ちる気分」と評論してありましたが、書籍名は忘れました。


2) 2005/05/19 Procol Harum "青い影"追加。 モコマキ さん感謝。



☆音楽解析の続編は『コチラ』 にて!


いいね!した人  |  コメント(130)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。