アンディ・フェアウェザ・ロウ「僕は毎日死ぬ」 | 牧歌組合~45歳からの海外ミュージシャン生活:世界ツアーに向けて~
2009-06-07 23:32:25

アンディ・フェアウェザ・ロウ「僕は毎日死ぬ」

テーマ:洋楽日本語化

 循環コード(I-VIm7-IIm7-V7)の一種類しかコード進行がない世界を空想したとしても、おそらく、僕らは音楽を愉しむことが出来ると思う。循環コードのことをコーネル・デュプリー先生は「Ice Cream」と呼ぶのであるが。


 さて、勝手に曲の邦題をつけているが、アンディ・フェアウェザ・ロウ(Andy Fiarweather-Low)の「Everyday I Die(僕は毎日死ぬ)」のコード進行も循環コードだ。1974年にA&Mからリリースされた「スパイダー・ジャイヴィング(Spider Jiving)」のラストに収録されている作品。


ギター:ヘンリー・マカラック

 (Henry McCullough:元Paul McCartney&Wings、Greasebandなど)


ベース:クリス・スチュワート

 (Chris Stewart:元Spooky Tooth、Terry Reid、Aire Apparentなど)


ドラムス:デニー・シーウェル

(Denny Seiwell:元Paul McCartney&Wings、John Denverなど)


・キーボード:ミック・ウィーヴァー

(Mick Weaver:元Hemlock、Keef Hartley Band、Wynder K. Frogなど)

 

 が基本となるバンドセットで、それぞれ60~70年代のブリティッシュ・ロックの兵ミュージシャンであるため、演奏だけでも心地よい。


 キーはCメジャーで、

|Dm |G7 |C |A7|

 の繰り返し(歌パート部分)。つまり、

|IIm |V7 |I |VI7|


 の、循環コード。VI7はIIm-V7のドッペルドミナントとしてのメジャー化。この他、ホーン主体の間奏が、”ご挨拶”程度、「あぁ~単調すぎるから、ちょっと間奏くらいコード進行替えるべか」程度に付け足されているが、あまり面白くないのでソッチは無視したほうがよい。


 さて、循環コードの歌部分であるが、歌詞がなんともすごい。


 何がすごいかというと、希望がないのである。大意としてサビ部分を翻訳してみる。


■□■□■□■□■□↓以下翻訳(大意)。


毎日僕は死んでる。

自分をアホと気づいたが遅すぎた。

あとは人生を浪費するだけだ。

毎日僕は死んでいる。


■□■□■□■□■□↑以上翻訳(大意)。



 なんか途中で気合を入れて前向きになったりしない。無理に頑張ろうともしない。曲始めから最後まで、コノ感じである。明るい歌詞がない。ある意味、非常に潔い。


 だからコノ曲は、もう20年ほどから、お気に入りになっていて、循環コードで遊ぶときは、結構な確率で口ずさんでしまう。マジで、オススメです。


 フェアウェザ・ロウの本職は、一応シンガーソングライターというかロックシンガーなんだろうけど、一時期(1990年代。おそらく今年は同行してないはず??)、エリック・クラプトン先生のバンドで、アコースティック・ギタリストとして、共演していた時代がある。「アンプラグド」でも弾いている。その彼の姿しか知らない人は、ぜひいちど、この曲を聴いて欲しい。

■関連記事:


ケヴィン・エアーズ「双子座のこども(Gemini Child)」

ヤードバーズ「幻の十年」
Cream "Crossroads"
Brian Eno "Sombre Reptiles"
木南晴夏嬢をめぐる音楽街道をゆく
草なぎ剛 in 檜町公園「シンゴー、シンゴー」フレーズ解析



このコンテンツは批評目的によるAndy Fairweather-Lowの音楽の引用が含まれています。音楽の著作権は著作権者に帰するものです。また、個人的耳コピのため音楽的には間違った解釈である可能性もありますが、故意に著作権者の音楽の価値を低めようとするものではありません。】

dukkiedukkieさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス