ボブ・ディラン「ホーボーとはいえ」 | 牧歌組合~45歳からの海外ミュージシャン生活:世界ツアーに向けて~
2005-07-01 11:27:09

ボブ・ディラン「ホーボーとはいえ」

テーマ:洋楽日本語化


The Bootleg Series, Vols. 1-3 : Rare And Unreleased, 1961-1991


☆音楽解析の続編は『コチラ』 にて!

歌えて、ちゃんと意味も伝わる洋楽の日本語訳。この仕事の領域で僕が最も尊敬しているのが、片桐ユズル氏のボブ・ディランの邦訳作業だ。とくに10歳台のとき感銘を受けたのがディランの「ホーボーとはいえ(Only a Hobo)」の日本語訳(「ボブ・ディラン全詩302篇―LYRICS 1962‐1985」 に収録されている)。この曲はロッド・ステュワートのセカンドアルバム「ガソリン・アレイ」でもカバーされており、ロン・ウッド(Ron Wood)とロニー・レーン(Ronnie Lane)が見事なアコースティック・ギターの伴奏を行っている。今日は、そのロッド・バージョンの曲構成に基づきながら、 片桐ユズル氏(ライヒの翻訳なども行っている)の和訳歌詞を歌ってみよう。


Rod Stewart
Gasoline Alley
ある日街を 歩いていたら 年寄りのホーボーが 倒れてた
|6/8 G |C-G |G |D7|
冷たい歩道に 仰向けになり 一晩以上も そのままらしい
|G |C-G |G |D7-G|
ホーボーとはいえ ひとひとり死ぬ 誰も歌わぬ 哀しみの歌
|C |G |G |D7|
誰も引き取らぬ この死体 ホーボーとはいえ ひと
|C |G |G |D7|
ひとり 死ぬ
|C |G |G |G|

愛知万博による都市清浄化のなか、多くの浮浪者が名古屋から追い出され、大阪、神戸へと流れていると聞く。僕は彼らを「先輩」と呼ぶ。なぜなら、僕(ら)も、いつ、そうなるか解らないと思うからだ。ホーボーを生むのは、当人のせいでもあるし、社会のせいでもあるが、とにかく教も何処かで、誰も引き取らぬ死体が生まれている。

エドワード ファウラー著: 「山谷ブルース」
■関連記事: 20世紀少年、遠藤ケンヂ「ボブ・レノン」  ソフト・マシーン「6月の月」 ボブ・ディランとブラジャー

【このコンテンツは批評目的によるボブ・ディラン氏、片桐ユズル氏の音楽の引用が含まれています。音楽の著作権は著作権者に帰するものです。また、個人的耳コピのため音楽的には間違った解釈である可能性もありますが、故意に著作権者の音楽の価値を低めようとするものではありません。著作権者の権利、音楽の美学を侵害した場合いかなる修正・削除要請にも応じます】


ほんやら洞の詩人たち

ボブ・ディラン自伝