DuelJewelばるオフィシャルブログ「SURVIVAL」Powered by Ameba



DuelJewelインターネットTV

「DuelJewelの銀河国道348~私はネジになりたい~」
毎月第二水曜日、21時からON AIR!



[番組URL、過去のオンデマンド放送はこちらから]




↓各ライブの詳細は↓

DuelJewel Official Site




ばるへのファンメールはこちらまで!


val-fan@dueljewel.jp

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2019-03-07 12:43:41

解散と復活

テーマ:ブログ

改めて、DuelJewel復活ライブ来てくれたみんなありがとう!!

 

なんとか無事に終わることができました。

 

3年ぶりのライブだけど

 

始まって会場を見渡せば懐かしい顔がたくさんで

 

ああ、帰ってきたんだなあって実感できた。

 

ここが俺の「HOME」なんだなって。

 

隼人から歌えるようになったという報告を聞いて

 

もちろん「復活」をすぐに意識はしたけれども

 

解散ライブ以上のものを表現できるのか

 

その課題が常に頭の中でぐるぐる回っていて

 

たくさん葛藤もあった。

 

それは物理的にも45曲もやった解散ライブのように

 

長時間ライブができるわけでも無いし

 

あそこまでステージや演出を作り込むこともできない

 

ということもあったし

 

気持ち的な問題でも

 

解散である種の気持ちの整理をつけたJewelryを

 

再び奮い立たせることができるのか。

 

3年間空いてしまった時間を埋められるのか。

 

とか、考え始めたら怖くなることもあった。

 

でも、だからと言って

 

じゃあ復活はしないというのもある意味逃げているだけで

 

解散してから3年間自分がどれだけ成長できたかを

 

解散の時よりもレベルアップしたDuelJewelを見せることが

 

一番大事なんじゃ無いかって思い始めて。

 

時間や予算が限られていても

 

結局かっこいい自分たちを見せることができるかどうか

 

そこが一番重要だよなって。

 

で、俺は自分も含め

 

解散ライブの時より劣化したDuelJewelを見せるくらいなら

 

ライブはやりたく無い。

 

とメンバーに伝えました。

 

プレイはもちろんのこと、スタイルに関しても。

 

まず最低限、ステージに立つべき人間として

 

ビジュアル系を名乗るバンドとしてあるべき姿でなければと。

 

そしてもちろん楽器を演奏するということに関しても

 

幸いにも全員が解散してからも

 

音楽に携わる仕事を続けることができているのだから

 

解散よりもパフォーマンスが下がっていては

 

なんのために3年間音楽を続けていたのかと。

 

それら全ては自分にももちろん言い聞かせた。

 

復活を発表した時にも

 

俺のコメントとしてもみんなに聞いてもらうことで

 

言い逃れができない状況に追い込んだ。

 

それくらいの決意と覚悟がないとこのライブは達成できないと。

 

Jewelryにとってもどれだけ解散ライブが大切なものだったか

 

ってことを意識して

 

メンバー全員でそこをテーマに

 

最高のライブができるよう

 

何度もリハに入って試行錯誤をして

 

制作スタッフや音響スタッフさんとも何度も打ち合わせをし

 

今の自分たちにできる見せ方でベストを尽くそうと

 

スタッフも一丸となって協力してくれた。

 

そして迎えた復活ライブ。

 

登場SEの映像で笑いが起きたのは正直計算外過ぎた(笑)

 

1曲目はIt’s just love。

 

解散以来この曲を聴いたら涙腺が緩くなるくらい

 

大切な曲。

 

2月23日を回想させるようなフィルターの中での演奏。

 

紗幕の後ろで演奏していると

 

ぶっちゃけ客席は全く見えない

 

この向こう側にみんながいるんだなって

 

もう少しで会えるんだなって

 

そんな気持ちで叩いてました。

 

そして2曲目のChronos。

 

時計の針が巻き戻って

 

3年間の時間を埋める。

 

そして紗幕が落ちた時

 

みんなの顔が見えて

 

心の中でつぶやきました。

 

「ただいま」

 

そこからはただただ楽しくて

 

戻ってこれたことに感謝して

 

駆けつけてくれたみんなに感謝して

 

3年間自分が培ったものを全てぶつけようと

 

がむしゃらに叩いてた。

 

今の俺にできることは出し尽くした。

 

もちろん反省点もたくさんあります。

 

昔から言ってるけども

 

100人いたら100人の考え方、感じ方があるので

 

あそこにいた全ての人を満足させることができたかどうかは

 

正直わからない。

 

心の底から楽しんでくれた人もいれば

 

がっかりさせてしまった人もいるかもしれない。

 

だとしたらそれは俺の力不足でしかない。

 

100人いたら100人が満足できるようなライブができるように

 

もっともっと磨いていくしかないと思ってます。

 

7年ぶりに聴いた隼人の声。

 

7年ぶりに戻ってきた本来のDuelJewelを

 

さらに磨いてもっと輝かせるので

 

見ててください。

 

Jewelryと一緒に最高の景色を作っていこうね。

 

よろしく!!

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ