死と素敵な笑顔。【映画】永遠の僕たち | B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら
Sun, January 08, 2012 11:20:39

死と素敵な笑顔。【映画】永遠の僕たち

テーマ:映画やら
【映画】永遠の僕たち
監督はガス・ヴァン・サント監督。
主演にデニス・ホッパーの息子ヘンリー・ホッパー。
アリス・イン・ワンダーランドのミア・ワシコウスカ。
日本の加瀬亮も重要な役で登場。



【あらすじ】
交通事故によって両親を失い、臨死体験をした少年イーノック(ヘンリー・ホッパー)のただ一人の友人は、彼だけにしか見えない死の世界から来た青年ヒロシ(加瀬亮)だけであった。他人の葬式に参列するのが日常的なイーノックは、ある日、病によって余命いくばくもない少女アナベル(ミア・ワシコウスカ)と出会う。(シネマトゥディ)

***********************************

全体的に暗めなのかなって思ったし、
最初の方はどうかな!?って不安だったけど
全然そんなことはなかった。

「死ぬ」ことは生きてる人には絶対わからない。
自分が死ぬことを考えるだけでもちょっと怖くなるのに、
大切な人が死に直面するのを見るのは耐えられないと思う。

もちろん主人公達には葛藤があったり
そこから目を背けようとしたりもする。
簡単に受け入れられる人はこの世にはいないはず。

そんな死という重いものが描かれているのに、
見終わった後はとても素敵で可愛らしいと思った。

ヘンリー・ホッパーが見せる最後のはにかみが可愛くて、
映画全体が暖かみのあるものになって
後味が良くなってるような気がする。

残された人は生きている間、
死んでしまった大切な人のことを思い出しては
泣いたり笑ったりしていくはず。

時が経てば死んだことに対しての悲しみが
だんだんと減っていくのかもしれないけど、
素敵な思い出は消えることは絶対にない。

ということは最終的には残された人も笑顔になるのかな!?
なんてちょっと考えてみたりもする。まだわからないけど。
ただ不思議と前向きに生きたくなる映画だった。

ちなみに、ヘンリー・ホッパーとミア・ワシコウスカの
2人がとても可愛くて好きな俳優女優になった。
加瀬亮も世界観に溶け込んでたのが良かった。役柄を聞いたときは何で?って思ったけど意味があった。

***********************************

他の方の素晴らしいレビューもぜひ↓↓
・映画レビュー トラックバックセンター
・映画リンク集-シネマメモ

ミア・ワシコウスカ出演。
アリス・イン・ワンダーランド [DVD]
アリス・イン・ワンダーランド [DVD]

ランキング参加してます。応援ポチをしていただけたら幸いです!!
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ゲームブログ
にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム情報へ