バイク乗りの装備について | ドゥカティ広島 スタッフのブログ
2018-11-17 19:10:13

バイク乗りの装備について

テーマ:ブログ

皆さまおはこんばんにちわ。若造onnです。

今回はドゥカティアパレル、というよりは実際のライディングギアやセーフティギアの性能といいますか、安全性についてとなります。

 

まず、ライディングギアの役目とは何なのかというところですね。

バイクに乗ると言う事は前提として、体を守る必要が有ります。

例えば、山登りだってキャンプだってそうですが、暑さから・寒さから・虫から・感染症からなど、体を守る為に様々な装備を行います。

山でスマートフォンをいじりたいからと言って、指先の無い手袋を装備していた登山家が凍傷により9本の指を失くしてしまった、という話を聞くと皆さんはどのように思うでしょうか?

まぁ、最近流行の言葉で言えば”自己責任”という言葉ですかね?

ですが指のみならず、装備を着用せず事故した結果、半身不随になるなどすれば一生後悔する事になると思います。

そんなにスピード出して走らないから、と言われる方もいますが、安全運転やテクニックを用いての走行は、確かに十分すぎる程事故率が下がります。

しかし、”自分”が事故せずとも、”他人”からあてられることもあり得ます。

若造onnがさらに若かりし頃、バイクに乗っていて、気付いたら救急車の中に居た事があります。これがその時にかぶっていたヘルメットです。原型をとどめている分まだましですか(クラックは入ってますが・・・)。

事故前後の記憶が全く無く(いまだに戻らない・・・)、気付いたら救急車のストレッチャーの上で横になっていました。

いまでも不思議なのですが、救急隊員によると、隊員への応答は正常で誘導するままに自分からストレッチャーの上へ横になったそうです。

また、両親にも電話していた様で、たまたま近くにいたのか、救急車のスライドドアの外に立っていました。ちなみに、電話した事も記憶に無かったです。

事故現場は見通しのよい直線で、未だに事故の原因は謎ですが約30m程滑走し、頭は中央分離帯のコンクリートブロックの角に打ち付けていたようです。体はプロテクター入りジャケットとズボンだったので打撲程度でしたが、しばらく頭痛と吐き気が酷く、脳みそこねこねされるような不快感が2日程続き、またその日を境に頭がとても悪くなりました(もともと?)。

ダイネーゼのグローブはギリギリまで手のひらを守ってくれました。無ければ擦り傷では済まなかったでしょう。

体はクシタニのゴアテックス(プロテクター入り)が要所をきちんと守ってくれていました。大分破けましたが修理して今でも使っています。

膝に巻いていたダイネーゼのプロテクターも骨折や擦り傷から守ってくれていたようです。

そしてもちろん、ショウエイのヘルメットは僕の皺の少なそうなピンク色の脳みそをしっかり守ってくれました。正確には頭全体をですかね。

ちなみに。ジェットヘルメットや半ヘルを私があまりお勧めしないのはこういった経験も有るためです(顎が無くなっちゃう)。

まぁ、ヘルメットはやはりきちんと規格の通った物かつ、メーカーの指定期間での買い替えをお勧めします。

ジャケットもプロテクター等にきちんと規格があります。とくにダイネーゼの製品は他を引き合いに出せない程高性能なプロテクション性能をもっています。しかし、サイズ感は国で全く変わる物なので、ジャストサイズなのはやはりクシタニです。日常ではクシタニを着てる機会が多いかも。

 

若造のさらに若かりし頃なんて、この話以外にも崖から落ちたりとかいろいろしてきましたが、プロテクターを着ていたおかげで大事にならずに済んできました。

でも、それ以来峠道を走る度に両親の顔が脳内に浮かぶようになってしまいましたが・・・

 

プロテクターについてですが、これもただ”ついているだけ”のものではなく、人間の体に合わせた設計のものがやはりよいです。

そういった点ではダイネーゼは素晴らしい技術をもっています。

CE規格に通っているというのはもはや当たり前ですが、本当のバイク用エアバッグをゼロから開発している点も素晴らしいです。

次の日の仕事を休めない人には特におすすめですよ!なんと、衝突などの衝撃を最大90%も減らしてくれます。作動システムもユニークですので是非ホームページからご覧ください。

http://www.dainesejapan.com/

 

あとは、パッシブセーフティではなく、アクティブセーフティを行くならばクシタニがよいでしょう。体の動きを制限しないので事故を未然に防ぐという点では他にはない素晴らしいメリットを生んでくれます。所謂日本人体系な私には、着心地がとても良いです。グローブなんかは特に好きですね。デザインも街中を歩いてもバイク乗りらしすぎないカジュアルな感じも良い点ですね。

http://www.kushitani.co.jp/

 

 

以下、私のバイクウェアの一部分を紹介します。はたして誰得なのだろう。

↑夏用装備達。本当は別でズボンがある・・・白いやつはズボンの下に巻くプロテクター↑

↑秋冬春用装備達。値段は高かったけど、雨の日もとても寒い日も寒くなく快適。スノーボードにも使ってたり↑

↑ちょっと本気で走る時とか用装備達。本当は革のズボンがセットされます・・・↑

↑ついでで紹介。バイクに乗ってて股が熱い!という方向け。内ももの熱問題が解決する優れもの。クシタニで買えます(6000円くらい)↑

 

 

自分という個体、ひいては人生という一方方向の物語をしっかりと形作っていくために日々プロテクターの着用をめんどくさくても行うようにお願いします。

そしてもちろん事故を引き起こさない、無理のない運転も重要ですね。

バイクがカッコイイのであればライダーもかっこよくあるべきと常日頃思っています。

あとは、出来ればライディングウェアはドゥカティアパレル・クシタニ・ダイネーゼで買ってくださいね!(販促)お願いします。

ドゥカティ広島 スタッフさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス