スタッフの紹介 K.T | ドゥカティ広島 スタッフのブログ
2018-10-07 19:01:43

スタッフの紹介 K.T

テーマ:ブログ

こんばんは。

 

スタッフK.Tの紹介ブログです。店長にしろと言われたので、バイクの紹介を。

今まで乗っていたのを紹介しますね。

皆様、多分きっと

「クセがすごいんじゃぁ~」

と言いたくなるかもえー

 

幼少期からドゥカティに憧れつつも、高校も3ナイ運動で乗れない歯がゆさを感じていました。

両親が高校の教師なので、隠れても乗れないそれは高嶺の花。

欲求の矛先は・・・

チャリンコ。

何度も峠を往復したり、1日で200キロ走ってみたり体力と行動力を身に着けました。

幸いついてきてくれる友人が数人居たのには今でも驚きです。

 

高校の卒業式を迎え、普通自動二輪の教習。自転車で培った二輪感覚で無事卒業。

念願の免許取得し、期待で一杯。そのまま帰宅し

処女ツーリングのお供は

非力なCT110

父親が通勤でつかってない日は、ずっと乗っていましたね。

遅いんですが、二輪の気持ちよさ、ペダルを漕がなくとも坂を登る事に感動。

エンジンと荷台を手に入れた私は

”もう無敵だ!不可能は無くなった!”と思い込み

ライブ会場まで自分のでかい機材を括り付け、50キロ先のライブ会場に行ったこともあります。

完全に若気の至りですネ。

 

ある日、このバイクで秋吉台カルストまで心臓を裂きながら登っていたときのこと

黄色い999が余裕の音で私の乗っていたCTを抜かしたのです。

 

”やっぱり、ドカティカッコ良すぎました。"

 

大学生になり自分のバイクはスポーツタイプでなんか面白そうなヤツを探しました。

あった!Goose350

フレームの設計士が、萩原さんと云う方でジレラのサトゥルノも手がけた人です。

そんなフレームにSOHCのシングルを搭載して夢の10000回転ですから、面白いです。

これで、北は北海道、南は因縁の秋吉台カルストまで走りました。

購入して3.5万キロほど走った頃、

 

”ドゥカティいらない?”

 

思いがけない呼びかけでしたネ。

寝れないほど迷いました。が、あのドゥカティです。

バイトのお金で買いました。

 

初のドゥカティ、900SS-SPです!

中身は900SLでタンデムシートが付いた、少し特別なモデルです。

乾式クラッチにファンネルのFCR39、初のイタ車

通勤通学、お出かけも全部コレでやりました。

五感に対する刺激が激強だったのです。

 

エンジンを掛けることからコーナーを抜けるまで至ることころで感じる官能的なフィーリング。

めちゃくちゃ楽しかったです。講義を受けたあと友達とツーリングに行ったり。

 

大学生も卒業し、ドカティスタッフになり、購入しました。

1299PANIGALE S!!!

ついにサーキットデビュー。緊張も緊張です。

が、このパニガーレさんの包容力とは、計り知れません。

何ということでしょう。

 

”今までのバイクで一番乗りやすい!”

 

結局楽しくなり、最後まで汗だくになりながら楽しみました。

こののりやすさは、スゴイの一言に付きます。

サーキット初心者でも岡山国際を2分切るくらいは行けました。

恐るべし、パニガーレ....!滝汗

 

美しく、速く、過激に、優しく。全てが揃ったバイクです。

パニガーレ。これからが楽しみです。

 

と、長くなりましたが、バイク編終了ということで。お付き合い頂いた皆様に感謝です!

こんな感じの人がドカティスタッフやってます。

 

皆様、よろしくお願いいたしますウインク

 

ドゥカティ広島 スタッフさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス