ポップスのソングフォーム (第一回) | A to Z Studio DTM教室のブログ

A to Z Studio DTM教室のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
こんにちはビックリマークA to Z Studio DTM作曲教室ですビックリマーク

今回は作曲についてお話し致しますビックリマーク
 
作曲といえば、自分だけのオリジナル曲を作ってみたい!!という気持ちとは裏腹に、1人では分からない事が多いあせるのではないかと思います。私自身も作曲を始めた頃はそうでしたし、実際にそういった声をよく耳にします。

例えば当教室では、メロディが思い浮かんだり、オリジナル曲に挑戦しているけれど、なかなか上手く繫がらない、一曲として完成しないというお悩みが、多く寄せられています。
そこで、今回はこの疑問にお答え致しますビックリマーク

様々なコツが存在しますが、今回は、このような時に役に立つ「ソングフォーム」の知識についてご紹介させて頂きます。

さて、「ソングフォーム」とは何のことでしょう!?

よく、カラオケなどでは、「サビが~」「歌い出しが~」ということがあります。
これら「サビ」や「歌い出し」は、曲の一部分のことなのですが、
同じように、曲の全ての部分に名前が付いています。

例えば、このような感じになります左下矢印

【曲の各部分の名前】
Intro(イントロ):曲のはじまり、前奏
Verse(Aメロ):歌い出し
Pre-Chorus(Bメロ):サビにいくための架け橋となる、サビ手前のメロディ
Chorus(サビ):曲中で特に印象的な部分、盛り上がる部分、サビ、Hook(フック)とも呼ばれる。
Middle Eight(Dメロ):曲の中盤以降に一度だけ登場する事が多い新しいメロディ。更なる盛り上げや、落ち着きを出す。Bridge(ブリッジ)とも呼ばれる。
Solo(ソロ):歌が休み、楽器が奏でるメロディー
Ad Lib(アドリブ):即興演奏
Interlude(インタールード)間奏
Outro(アウトロ):曲の終わり、後奏、エンディング


この様に、名前が付いているのですが、どこかで聞いたことのある名前ではないでしょうか!?

作曲をする時には、こうした
各々の役割を持ったメロディを上手に並べて、ストーリー仕立てにするビックリマーク
ことで、
一曲の物語
を完成させる事ができます。

こうした形式をソングフォームと呼びます。

例えば、[イントロ][Aメロ][Bメロ][サビ][Aメロ][Bメロ][サビ][間奏][Dメロ][サビ][サビ][アウトロ]といった具合ですひらめき電球

人間が良いなと感じる流れは、
ある程度のパターンが決まっていたり、時代によって流行のソングフォームがあります。

ですから、色々な曲を聴いて、好きなソングフォームを覚えておくと便利です!!

「今回はこんなソングフォームで作ろう」と言って、
先にソングフォームを決めてから曲を作っていけば、メロディーを上手く繋げていく事ができます
音譜

この時、意識すると良いポイントがあります。

まずは、
(1)「今どこの部分を作っているのかはてなマーク

全体の中の位置が分かっていれば、不安を感じずに完成させる事ができます。また、
思い浮かばない部分は飛ばして後で作っても大丈夫
ですビックリマーク

それから、
(2)「どんな役目のメロディーが必要かはてなマーク

「Aメロだから、いきなり強い感じではなくて語るように入りたいなひらめき電球
だとか

「サビでは思い切り声を上げて、大事な歌詞を入れて、覚えやすい様にメロディーの繰り返しもしたいなひらめき電球
など、
その部分ごとの役割を考えながら作れば、
繫がりが良くストーリー性のある曲を作る事ができます
ビックリマーク

さて、コツやポイントは様々ありますが、とにかく自分が好きな曲や実際の曲で、
こうした要素が「どのようになっているか」を注意して聴いてみる事が大切です!!

最初は上手くいかないこともありますが、続けていく中でコツを掴める瞬間に出会う事ができます。必ず、好きなアーティストの様な、自由自在な曲作りができるようになります。

今回のテーマについて更に詳しい内容につきましては、是非当教室レッスンへお越し下さいませ。
http://dtmschoolss.com/
(WEBサイトにて無料体験レッスンも随時受付中です。お気軽にお問い合わせ下さい。)

次回は、いくつかのジャンルの近年のヒット曲を例にとって、実際にソングフォームをご紹介させて頂きながら、その秘密に迫ります。

※PR
当教室では、生徒の方お一人お一人の悩みに向き合い、寄り添い、むずかしい事はできるだけ省き、わかりやすく、かんたん、やさしい解説で、思い通りの音楽を作れるようにレッスンを行っております。
無料体験レッスンも随時受付中ですので、是非お気軽にお問い合わせ下さいませ。
http://dtmschoolss.com/

A to Z Studio DTM教室さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス