アルミフレーム(2) | DTM机 ◆ 自作のススメ
2010-03-01 00:25:27

アルミフレーム(2)

テーマ:ブログ
えー、予告通り、アルミフレームCADソフトの紹介です。
このメーカー、なかなか気合いが入っておりまして、アルミフレームの設計専用のCADソフトを無料公開してます。さらに、これを使ってファイルで発注すると3%の割引までしてくれます。
URLはこちら↓
http://fa.sus.co.jp/3d/

普通の発注の場合、設計支援とかがあるみたいなんで、その分引いてくれる訳ね。

で、肝心のソフト(UnitDesignとゆう。。。あ、Win専用ね)だけど、誰でも直感的に使えるとは言いがたい。そもそも一般消費者向けじゃあないし。
CADソフトなんか使ったこともないし、比較はできないのですが、チュートリアルを一通り学習して何とか使えるようになった、、、感じ(独特の作法に慣れると、まあまあ普通に使える)。

これが発注に使ったファイルのスクリーンショット。天板とかスライドレールは別のところに頼んでいるので、この図には入ってないよ。今回の机ですけど、基本単純な形、だと思う。
$DTM机 自作のススメ-自作DTMデスク_アルミフレーム_UnitDesign

手前の四角いのが鍵盤をのせるパーツ。これをスライドレールで本体に接続。

三本のフレームは天板の補強用。88鍵乗せる机になると、どうしても奥行きに対して幅が大きいので、板のたわみが心配。スライドさせる手前の板用に2本、固定する天板用に1本使用しました。ちなみにこのフレームだけ、板の色に合わせて「黒マイト処理」?だったかな?黒いフレームを選択。わかりにくいかな?? なかなか渋い色ス。
$DTM机 自作のススメ-自作DTMデスク_アルミフレーム_黒マイト

このソフトを使うといいのは、まずやっぱり完成品のイメージが見えること。あくまで産業用なんでキレイなレンダリングはしてくれないけどね。

実は一番便利なのは、特殊加工の指定書とか部品表とかが自動で生成されること。完成品のイメージを追求するだけで、どの種類のフレームを何cm注文すればいいかが全部一覧表になるのは超便利。これだけのためにも、ソフトについてくるチュートリアルを地道に勉強する価値はあるよ。自分で発注書書いたら絶対どっかで間違えそう。
$DTM机 自作のススメ-自作DTMデスク_アルミフレーム_レイアウト

こちらは特殊加工の指定書。
$DTM机 自作のススメ-自作DTMデスク_アルミフレーム_特殊加工

これは部品表。こんなのが勝手に作られるわけ。
$DTM机 自作のススメ-自作DTMデスク_アルミフレーム_部品表

もちろん、これ使って基本骨格を設計するときには、自分にとって最適なサイズ(持っている鍵盤の採寸、好みの高さ、奥行き、などなど)をしっかりつめておく必要があるよ。設計しながら微調整することはあると思うけど、やっぱ基本イメージができてないと、いきなり設計はきついと思う。
採寸とかサイズ決めのコツは別のエントリに書くね。後数回のアップデートで製作記事完了の予定です。

あ、もしこの設計ファイルほしかったらあげます。

672さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス