こんにちは。らっつです。

今回のBIGを超えるMEGAボディなSVSB MEGAのご紹介

まずはHP説明文章

『ビックバスにフォーカス 高比重・ノーシンカー・トゥイッチ』

MEGA UPしたSVSB最大サイズのモデルが登場。
BIGの制作途中で派生したMEGAボディーモデル。
MEGA専用のボディーデザインに各パーツもMEGA専用設計。
またコアショットを採用することでボディの中心は高比重、脚の部分は低比重にする事で 安定した飛距離とフォールスピード、切れのあるアクションが出ます。
フックのセットする方向によりアクションを変える事も可能。頭側は水平フォール、 ダブルテール側はバックスライドフォールします。


開発経緯についてですがやはり昨今流行りのノーシンカートゥイッチ系の釣りを意識したのは間違いです。

BIGを元々シャローカバー系バックスライドルアーだったのでノーシンカートゥイッチはまったく意識してなかったですが開発中に琵琶湖で試したら激ハマりでプロスタッフで琵琶湖ガイドの西平氏が連日プロトタイプでビックバスをヒットさせていましたが、南湖のように水深が比較的に深くないエリアは大丈夫でしたが北湖のように深いエリアでは湖流もあり重さが必要になり、BIGのプロトの段階で派生していって誕生したのがMEGAでした。

主なBIGとの違い
1. ボディサイズ

見ての通りですがボディサイズは3.4インチから3.6インチにサイズアップ。
重さも10g→18gに大幅に重くなりました。
あと工夫した点はBIGに比べてやや扁平気味にしています。大きくすると縦幅も出てしまうので扁平気味にして口に入りやすいようにしています。


2.手のデザイン

重くなる分より激しくアピールする為のデザイン変更となっています。

3.ダブルテール

BIGに比べれ厚みと強さを増してます。
理由については琵琶湖でテスト中に気づいた他社製品の高比重系ワームとの違いですがオダなど根掛かりしやすいエリアではダブルテールがジグのカードのような役割を果たして根が掛かりしにくくなっています。その関係で厚みと強度を上げています。

もしオカッパリで使う場合は大遠投して使うのが良いと思います。普段届かないエリアまでぶっ飛んで行くと思います。それでいて各パーツがアクションをするのでアピール力も抜群。



フックサイズはオフセットフック6/0推奨です。
・TNSオフセット6/0
・リミット6/0

などがおススメ。


ロッドはDBTC-610MHやDBTC-70H-S、DBTC-73Hなどがバッチリです。




この一枚は山中湖でテスト中に釣った1匹。バクバクバイト最高に気持ち良い一本でした!!

皆さんも是非SVSB MEGAでMEGAサイズバスを👍