DCAPUTER4.8をスピニングタックルでミドストをする場合の独断と偏見の解説となります口笛


DCAPUTER4.8は重さが8g後半あるのでスピニングで使用した場合はかなりぶっ飛んでいきます(笑)


細めのPEなら遠目のボイルも狙い撃つことも可能グッド!


状況によって変わるので適材適所になると思いますニヤリ


弊社代表の青木はアブガルシア(Abu Garcia) ファンタジスタ ディーズ FNS-66ML-LTD を使用しています。



↑青木大介のミドストアクション!!

正直DCAPUTERは重さ、そしてミドストのしやすいボディバランスなので専用ロッドではなくてもやりやすいです。


ちなみに私はダイワ エアエッジ 641L/MLS-ST・E
を使用しています。バットはしっかりしていてティップは程よい硬さのソリッドなので叩く系のミドストアクションには使いやすいです。何気にこのロッドは何でも使える名竿かと…。


あとは釣具屋さんなんかで見かけた中ではフェンウィック エイシス ACES66SLJ "Mid Strolling Special"あたりも良いかと思います。


ボートは良いとしてオカッパリでは…ここからは私の偏見で釣具屋さんで見たロッドの中でこれなら的なやつをご紹介。


琵琶湖のように広い湖なら ダイワ エアエッジ741MS・E のような遠投が出来てダルさがあるロッドが良いかと。どうやらそこをかなり意識して作った竿らしいですよ〜。


後は各社にありそうな610ML的な番手がオススメかと思います。ロッドのテーパーにもよりますがスラッグでロールではなく、ティップを叩く感じのミドストになるかと思いますが、オカッパリなら飛距離や魚を掛けた時のパワーを考えるとこの辺りかな〜と思います。


リールは巻きスピードをコントロールしやすいようにノーマルギア。


ラインは5lb前後が比較的にやり易いと思います。
最近流行りのPEシステムはお勉強中です(笑)0.8〜1号辺りが使いやすい気がします。


ジグヘッドは0.9g〜3.5gまで使っています。この辺りは別で紹介します。


まだまだ進化出来る可能性を秘めた釣りなのでDCAPUTER4.8でしっかりミドストをして新たな扉を開きましょう🤟