震えて沈め…若干厨二っぽいフレーズですが(笑)

ルアーはクソ真面目に作っていますウインク

約2年の歳月を経て誕生したDSTYLE初の虫系ワームその名もSVSB (スーパーバイブシンキングバグ)

皆さんご存知かも知れませんが2017年JBTOP50シリーズ弥栄ダム戦で優勝飾ったシェイクシャッドの虫チューンを製品化したのがSVSBになります。

シンプル形状が故に機能や工夫が必要となりました。



まずこれが1stサンプル

ボディ形状は一緒ですが、手に張りがなくヒラヒラでイマイチ面白みがないのと、しっかり沈ませるのに塩を入れて対カバー性を向上させる為に硬度を上げたらフッキングがイマイチになりボツとなりました。特に手に工夫が必要でした。



で2ndサンプル

パッとみ製品版と一緒に見えますが手が若干違います。スリットの追加、そして2ndサンプルからはコアショットを採用。中は塩ギッシリ。外はノンソルトにする事で飛距離やボディ外側に適度な張りをもたらして手に動きとフッキング性能が向上しました。

ただここで満足しないのが弊社代表青木大介

より手に動きを出す為に手に一工夫を加えて、より動きが出るようにしたのが製品版のSVSBです。
ほんのちょっとした事ですが、これでマス針チョン掛けでも手に動きが出るようになりましたグッ


ちょっとした事は製品をお買い上げして頂いて、要チェック(笑)


たったこれだけでも修正費用も発生するし、納期も遅れたりします。けど私の想いとしては青木大介の釣れるをDSTYLE製品をご愛用して頂いている皆様に是非使って、釣れるを体感して欲しいのです。

ちなみにオススメフックは
オフセットフック : Hayabusa TNS #2〜3
マスバリ : Hayabusa フィネスワッキー #4~6


となります。

フックのセットする方向によりアクションを変える事も可能です。頭側は水平フォール、触覚側はバックスライドフォールをします。


個人的にですが、i字やトウィッチなどで使ってもかなり効果抜群ですキラキラ


ラインはあまりカバーに絡ませない時はフロロカーボン3〜5lb。PEなら0.8〜1号まで位が使いやすいかと。下記の動画では青木は0.8号を使っています。

これから虫シーズン本番です。是非SVSBを使って青木大介の沈む虫の真髄を体感してみてください!!