TRUSTER3.8がついに発売!!

テーマ:

気づけば令和元年!!そんな令和1発目の内容はついに発売になったTRUSTER3.8について書こうと思います!!

発売至るまで経緯として琵琶湖プロガイドの西平さんから年中無休で使えるワームが欲しいって事で依頼があり、西平さんのラフスケッチからまずはスタート!!


特徴的なトリプルテールとリブは最初からあり、サイズ感はいわゆる琵琶湖的にちょうど良い、3.8インチで設定しました。

基本デザインをまず私が図面で書き、そしてCADでモデリング。

3Dプリンターで出力して、シリコンで型を取りワームで流しファーストサンプルを作成。

その段階からアクションの方向性は出てました。


で…問題になったのはシャッドテールとダブルテールの共存。
そもそもこのコンボは知る限りあまり見たことない理由として金型作るときに問題が…詳細は書けませんがまあ難しいって事です。

あとはダブルテールの当初のデザインもゴニョゴニョした事もあって断念…。


あの形に落ち着くまで沢山のサンプルを作り、西平さんに確認して頂きました。


仮型の段階からかなり高評価でしたが、弊社代表青木のアドバイスもあり、すごく細かい部分を修正を加え完成に至りました。


まずボディですがコダワリのリブボディ!!ボディ全体をリブにだけにするとフニャフニャ曲がりフックがズレやすくなるので、フックセットしやすいようにフックスリット入れました。これか背骨の役割になり、余計な曲がりがなくなりました。
こちらは裏面。


手は西平さんから亀のような手とリクエストをいただきあの形に。これも凄い重要な役割でスパイラルフォールを防止、そして綺麗にウィードや浚渫、マンメイドに落とし為にあえて流行とは逆方向になるようにしました。


そしてトリプルテールは水を細かく拡散系ではなく、自分で仕掛けた時にしっかり水を押して動くようにしました。私のイメージはチャンクかな?
実際ジグスト、ミノスト?でよく釣れるのはロッドでアクションした時に水をしっかり押しているので釣れるのだと考えています。

リグはあらゆるタイプで試して全て釣れました。

フックサイズは3/0オフセットフックが標準となります!!

ハヤブサ社のTNS3/0 or DAS3/0辺りで良いと思いますが、ビッグバス対策で琵琶湖などではTNSヘビーデューティーの使用がおススメです!

この汎用性の高さはかなりの武器になると確信しています!!


マテリアルはDSTYLEのアイテムの中で一番硬いマテリアルを採用。これも理由があり、カバーや特にウィードに対して負けないようにしています。

カラーはバリエーション良く全10色!!謎のベビーフェイスギルというカラーもあり(笑)


テストの段階から季節問わず釣れまくりでしたが、今も釣れまくっています!!


是非GWはTRUSTER3.8でエンジョイフィッシング!!