どうして、結婚相談所?

テーマ:

何故弊社が「結婚相談所」を開業したのか。 

その経緯について書いたことがないので

書いてみようと思う。

 

 

結婚というのは同じ方向性を見つめ

切磋琢磨しながら 共に歩む伴侶を得る、

ということだ。

 


 

同じ方向性に進みながら

価値観の相違を感じ

一人の人から学びを得るプログラム。

生涯学習とも言える。


掻い摘んで先に結論をお伝えすると

結婚というのは

人生をひっくり返す力を持つ変革である。


守るべきものがあるから

人は強くなれる。

 

そんな体験を通して

自分の力を高める経験を

 

多くの人に提供できる機会を広め

実現させたい。



弊社はそんな想いで日々、

仲人活動に励んでいます。


結婚のキーワードとなる5つのバランス

というものがある。

尊重・尊敬・経済・愛情・自立



結婚生活は共に生活をし

最終的にこのバランスの安定を目指すものだと現状では仮定しています。


途中、

 ・自立心が依存になったり

・自立心が強すぎて

 パートナーへの尊敬の気持ちが減ったり

・お金を求めすぎて愛情が見えなくなったり

・貧しくて、

 愛情も尊敬の気持ちもなくなったり

「こうしてほしい」という想いが

 相手の自然体を否定していると思ったり。



正五角形には

なかなか、ならなかったりする。





もしかしたら、正五角形ではなく

108角形くらいかもしれないし

10800角形くらいかもしれない(煩悩の数)



もしかしたら、正五角形にはならずに

一生涯凸凹かもしれない。

ですが、凸凹を許せる関係を構築することが

恐らく結婚生活なのだろう。



一緒に生きていきたいから

己のバージョンアップを

強いられることもある。


一緒に生きていかなくていいなら

そんな辛いことをしなくてもいい



忍耐と我慢は

違う。


「一緒に生きていきたい」


という思いが強いなら

それは、忍耐。



自分以外の人と生きていくというのは


「忍耐」が必要だ。



相手に歩み寄って

自分でも知らなかった

自分の優しさや

相手の優しさに気づいたり


自分のわがままにうんざりしながら

それでも一緒にいることを選ぶ。



結婚生活って

「相手を通して自分を知ること。




だから

最初に断言させていただきたい。


あなたがどんなに

理想的な好きな人と結婚したとしても

バランスを崩して己を試される日が来る。


その時に

・この人が未来にいる人生か

・この人が未来にいない人生か

天秤にかける。


それでも、

「やっぱり一緒がいい。」

と思った時。




自己犠牲や我慢を超越する

価値があるものがある。



「一緒にいること」が

奇跡とか必然ではなく、意思だとしたら。


それって実は、すごいことかもしれない。






離婚というのは、自分と相手の

最大の尊重ですが

婚姻関係の継続というのは

双方の意思の積み重ねと歩み寄り。



君の名は。

という映画がありますが

結婚生活も同じく

時を組紐のように編んでいく。




結婚したから

結ばれるものではない。


結び続けるには意思が必要だ。




「一人の人と編んでいく」という

難しさや喜び。



一人を超越していく。

けれど、人は、独り。

それでも、

一緒に時を重ねていきたい。


そういった経験を

結婚したいのにご縁に恵まれない方に

して頂きたく思います。




---------弊社の結婚マッチングの仕組み---------


恋の矢弊社の婚活マッチングシステムは本気で結婚したい婚活中の会員様が全国6万人が登録しており希望の条件からお相手をピックアップできます


恋の矢結婚前提の交際に発展するため、結婚に至るか至らないかわからない人と合コンや紹介で知り合うよりも成婚の確率が上がります。


恋の矢結婚前提の本交際に発展する前に、お互いの意思を確認する恋人未満友達以上の交際の期間を設け、複数交際することが可能です。※本交際は結婚前提のお付き合いで複数交際は不可。


恋の矢会員様は独身証明書や住民票、男性であれば源泉徴収などの公的書類を提出していただいた身元が確かで社会能力のある人に限られます。


恋の矢年収でいうと人当たりの平均給与は408万円。ですが、男女別でみると男性502万円、女性268万円。これに対し、女性が結婚相手に求める男性の年収は500万円〜699万円であり会員様の一番多いボリュームゾーンになっております。


恋の矢結婚したい方に、必要なのは、ご縁です。


恋の矢結婚相談所という名前だと、まるで恋愛を飛ばして成婚に至るかのようですが、実際のところは恋愛結婚です。


恋の矢マッチングさせて頂き、お二人が成婚に至るまで仲人させて頂くのが私たちの仕事です。


-------------------------------------------------------




テクノロジーの発達により

家事も自動で行うことができるようになり

女性も社会進出をし


結婚しなくても生きていくことが

容易になった。




近年の

「結婚しなくてもパートナーは欲しい」

という考え方の根源は
婚姻関係を結ばずとも

仲間やパートナーと楽しさを共有したり

広い視野を持ち、

多くのコミュニティーで

自分の存在価値を感じ「自分自身の充実」に

重きを置く生き方をする人が

増えてきたということだろう。



社会人が「誰か」という

不特定多数への貢献であるとすると


家庭人は「パートナー」という

絶対的な存在への貢献と社会人の

二本立てになる




家庭人は

「誰か」という代わりのいる存在ではなく
「絶対的な」人の存在が力の源になる。





約束のない人生は、確かに個を重んじていて

自由でいられるかもしれない。



でも自分自身を守るための人生に

人はどこまで価値を見いだせるだろう。



大切な人のために生きて

自分自身のために生きる。



そういう生き方を応援することが

弊社の存在意義です。



そばにいたいよ 君のために出来ることが
僕にあるかないつも君に ずっと君に
笑っていてほしくて


ひまわりのような まっすぐなその優しさを
温もりを 全部


これからは僕も 届けていきたい

ここにある幸せに 気づいたから



Writing Respect  by  Motohiro Hata 

〜ひまわりの約束〜





一緒に生きていく約束を

したい人は、いますか?










■運営会社オフィシャルサイト■

ディーズエージェンシー株式会社


■結婚相談所ディーズクローバー■

クローバー婚活応援結婚相談所ディーズクローバー


■お試し体験婚活システム■

ヒヨコ体験婚活システム


♡ディーズエージェンシー株式会社新事業♡

S1タワーシャンパンタワー事業部

⬆︎是非今迄にないシャンパンタワーをご覧くださいませ。