男性陣が

「女の人って本当、お金だよね」と言う時は

「男の人が結局可愛い女性が好きなのと同じ事だよ」

と言うことにしている。



女性は2.5次元の理想より現実主義。
自分のパートナーに

そこまでイケメンは

求めてなかったりする。



それはイケメンがさほど重要ではないことを

女性は大人になる過程で学習するからだ。



「顔面偏差値は高いのに、

〇〇だ。。。」 

 

という経験を多かれ少なかれ

女性陣は経験してきて、

その〇〇な部分が上手くいかなかった

経験がベースにあるほど

イケメンがさほど重要ではなくなる



30歳を超えてくると
「気持ち悪くない!清潔感がある!

コミュ力もそこそこある!

そこそこお金がある!」

基準に男性をみることになるのです。


これはアラサー女の固定概念と言えます。




アラサー女はこの固定概念を

「結婚」というワードを

引き合いに

対峙することになるのです。





人間ってね、

自分がどう見られるか

気にする生き物なんですよ。




だから現代病とも言えると思うんだけど、
・楽しそうに見られたいし
・幸せそうに見られたいし
・豊かに見られたい

 

 

 

人間の30歳って

幸せに見られたい年頃です。

 

 

 

人の目が気にならない人も

いると思うけど

多くの人は

自分がどう見られているのか

気になると思います。




それは良いふうに作用すると

自分を冷静に見ることが

できるんですが

 

 


「人から幸せそうに見られたい」

「人から良く見られたい」

が優先されて
「何故自分はそれを選ぶのか」

っていう部分がわからなくなると

 

 

自分がどうしたいのかわからなくなるので

整理する必要があります。



「何故自分はそれを選ぶのか」



全ての事柄に

「何故自分はそれを選ぶのか」

って考えたら
頭おかしくなっちゃうかなって

思うんですけど、

本当の気持ちがわからなくなっている時は

ここを避けては通れない。


望み通りの人生にしたいと思っていながら

自分の望みがわからない。

 

ってことはさ、

望みがそんなに本当はないんじゃない

って、思うんですよ。

 

望みがないならいいじゃない。

それを悩みにするから

苦しいんですよね。

 

望み通りの人生にしたいのに

望みがないってことは

ある意味、望み通りかと。

 

望み通りの人生、おめでとうございます。

 

そのまま突き進んで頂きたいと思います。

 

 

 

 



次!





・彼にお金がないから結婚できません
・彼が安定した仕事をしていないから結婚できません

・彼はこういう人なんですけど、私はこういう人だから

 

 

 


あーそれ
本当は相手が問題ではなくて
自分の問題です。

 

 

 

今日は

彼にお金がないから結婚できません

に回答したいと思う

 

 

 

意地汚い言い方になってしまいますが

 

 

自分が本当は稼げない人だと思ってるから

彼に稼いで欲しいって

期待をしているんです。



極端な例で申し訳ないのですが
宇多田ヒカルさんは

バーテンダーの方と結婚されましたよね。


きっとヒカルさんはお金っていうものではなく

純粋に旦那さんの事が

好きで結婚されたんだと思う。

お金とか死ぬほどあると思うし。

本当に自立している女性であれば

自分のパートナーに対して

お金がないから結婚できない、という

発想にはならない

ということです。

 

 

 

 

反対に

自分は稼いでいて

自分の稼ぎより上じゃないと嫌だっていう

パターンもありますね。

 

 

男を見下して

いるんです。

 


意地汚い言い方でごめんなさいね。


自分の不安を男性に押し付けて
「お金がないと無理。」

言ってはいませんか?

 

 

 

そもそも

「お金がないと無理。」

それは本当に

あなたが

思っていることでしょうか?



例えば

お金がないパートナーは不安というお悩みを抱えている

(29歳・女性)

 

お話を聞いていると

彼女は箱入り娘でした。

 

そうなると
お金の不自由をしたことがなく
父親が稼いでいたりすると
その生活が送れることが

基準になりますし、

 

見た目や人となりを変えた

父親が

理想の結婚相手になるでしょう。



その場合、先にするべきことは
親離れすることです。



それができないとずーーーっと
「お金がないと無理」
って価値観に囚われて

生きていかないといけなくなります。

 

 

 

それって

固定概念の植え付けであって

本当に思ってることではない

ってことです。

 

 

 

 

自分にとっての

本当の幸せがわからなくて

 

だから

あなたは今

幸せを感じられなくて

幸せを求めているとしたら

どうしますか?

ってことなんですよね。

 

 

だとしたら

自分が何に喜びを感じ

何が不快なのかを知り

自分で自分を満たすこと

が大切です。

 

 

 

制限を外して

固定概念は何処かに置いて

植え付けられた思想もいらない。

 

 

本当に自由になって

 

 

本当に自分の「好き」を

選べるようになると

 

 

もっと、もっと自分のことが好きになって

もっと、もっと自分を信じることができて

 

 

 

結果的に

結婚をしたり

結果的に

お金に困らなくなったりするだけ。

 

 

 

完璧なあなたじゃなくても

大丈夫なことが本当に腑に落ちたとき

 

 

「〇〇なところもあるけど、でも好き」

と思える人がきっと現れる。

 

 

だって世界をみる目が

その時あなたは違うから

 

 

 

 

 

 

自分の人生で

こんなに好きな人に出会えたよ。

と思えた時、

 

人は自分のことを

肯定できるのではないでしょうか。

 

 

自分のことを

好きになりたくて

人は人を好きになるのでは

ないでしょうか。

 

 

 

 

恋愛を通して

幸せになるチカラを手に入れるための

ヒントになりますように。

 

 

 

ではーーー✩

 

 

 

 

 

■運営会社オフィシャルサイト■

ディーズエージェンシー株式会社

 

■結婚相談所ディーズクローバー■

クローバー婚活応援結婚相談所ディーズクローバー

 

■お試し体験婚活システム■

ヒヨコ体験婚活システム

 

■結婚相談所が2分でわかりやすく漫画になりました■

ハート漫画で結婚相談所を解説ディークロさん