冬至に邪気払いの小豆粥をたべませんか? | 鳥取イヌイ薬局乾マリコ薬剤師の漢方相談ブログ

鳥取イヌイ薬局乾マリコ薬剤師の漢方相談ブログ

中医学、漢方を通じて皆様にお伝えしたいこと、
周期療法を通じて、不妊症、生理不順のお客様にお役に立てるよう
情報発信していきたいと思います。


テーマ:

こんにちは

イヌイ薬局の乾マリコです。

ブログが超おひさしぶりになってしまってお恥ずかしい。

 

 今年も残り2週間となってしまいました。

来週の土曜日は、とうとう冬至。

 

そこで、どうしても冬至粥である

小豆粥をぜひ食べていただきたくブログを再開!

 

2018年の冬至は、12月22日(土)

冬至というと、かぼちゃやゆずが有名ですが

邪気払いとして、小豆粥を食べる風習が

あるのです。

 

冬至に食べられるあずき粥は、

別名「冬至粥」と呼ばれており、

古くから小豆の鮮やかな赤色には

邪気を払う力があると言われており、

冬至の日に、小豆の入った

お粥を食べることで、

邪気を払い、翌日から良い運を呼び込む

という意味があります。

 

2、かぼちゃ

冬至の日にかぼちゃが食べられるように

なった由来は、

「運盛り」のためと言われています。

 

運盛りとは、銀杏やニンジン、うどんに蓮根など名前に「ん」の付く食べ物を食べることで  縁担ぎを行い、これから迎える寒い冬に

備えて栄養を付けようという意味を込めて

行われている風習です。

かぼちゃは別名「南瓜」(なんきん)。

名前に「ん」の文字が入る野菜です。

 

☆☆ 冬至は・・・

中国や日本では、冬至は太陽の力が

一番弱まった日であり、この日を境に

再び力が甦ってくることから、

陰が極まり再び陽にかえる日という意の

一陽来復(いちようらいふく)」といい、

冬至を境に運が向いてくるとしています。

つまり、みんなが上昇運に転じる日です!

 

小豆粥とかぼちゃをぜひ食べてくださいね!

 

あずき粥の作り方

  材料/4人分

   お米   150g 1合

   小豆    75g

   水    2.5リットル

   天然塩  少々

 

 作り方

   1、米は洗って、ざるにあげておく。

   2、鍋に2.5リットルの水と洗った

     小豆を入れ

     豆が少しやわらかくなるまで炊く。

   3、2に1の米を加え、炊き上げる。

         40分くらい炊いてください。

  4、最後に塩で味を調える。

 

美と健康をまごころこめて

イヌイ薬局 乾マリコ

不妊子宝アドバイザー薬剤師 乾マリコ(mana)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス