もう臭いなんて言わせません!ワキ汗・ワキ臭治療に【ミラドライ】 | 美容外科医 菅野けんじのブログ

美容外科医 菅野けんじのブログ

大阪にある美容外科・美容皮膚科・形成外科 恵聖会クリニック(京橋・心斎橋)
美容外科医 Dr.菅野のブログ


テーマ:

こんにちは。

恵聖会クリニックの菅野です。暑い夏が終わり、すこし過ごしやすくなってきましたね。今年は例年よりも涼しくなるのが早い気がして、暑がりの私としてはうれしい限りです。

 

というわけで今回はワキ汗・ワキ臭治療に好評のミラドライについて、自分自身で体験しましたので、報告します!

 

 

ミラドライとはマイクロ波を照射することにより腋臭症の原因となる汗腺(主にアポクリン汗腺)を破壊するという治療法です。

局所麻酔下をして機械を当てるだけなので、手術のように皮膚を切開する心配はありません。

施術時間は両側で1時間半ほどで終わります。

 

施術の流れについてご説明します。

最初に、ワキの汗腺がある場所に目印(マーキング)をつけ、ミラドライを当てる場所を決定します。

その後局所麻酔をして痛みのない状態で機械を当てます。

局所麻酔の間はやはり少し痛いですが、短時間で終わりますので辛抱できないほどの痛みではありません。

また実際にミラドライを当てている間は全く痛みもなく、ただ横になっているだけなので眠たいくらいです。

 

終了後はミラドライの効果と麻酔薬でワキははれ上がります。

また麻酔が切れてくるとジンジンと火傷のような痛みが出てきますが、保冷剤でしっかりと冷却を行い、痛み止めを飲めば十分和らぐ程度の痛みでした。

翌日にはほとんど痛みも治まり、日常生活にもほとんど支障はありません。

ただワキの腫れは強いので、運動などは控えてください。

いつもワキになにかを挟んでいるような違和感も続きます。

施術後1日目、3日目、7日目のワキの写真です。

 

 

 

初日は皮下出血もあり、痛々しいように見えますが日にちとともに改善していき、軽い腫れとモコモコしたふくらみになっていきます。

シャワーは翌日から、入浴は4日ほど過ぎて腫れが落ち着いてきたら可能です。

 

肝心の効果は、翌日から実感できると思います。

汗の量も匂いも格段に減ったのがわかりますし、衣服への脇ジミもなくなりました。家族や身の回りの人にも喜ばれますし、なにより自分自身のわずらわしさからも解放される、イイコトずくめの治療法です。

 

これまでわき汗の治療法としては手術やボトックスが中心でしたが、手術のように切開の心配もなく、ボトックスのような短期間の効果ではなく半永久的な効果が期待できるという点でミラドライをお勧めします。

 

というわけで、今回はミラドライの体験談を紹介しました。ワキの汗や匂いでお困りの方、ぜひ一度当クリニックまでお気軽にお問い合わせください。

 

・ミラドライ>>

・料金>>

 

フォロワー募集中!

インスタグラム

スタッフのオフショットや施術紹介・美容情報を発信!

公式アカウント<@keiseikai>

心斎橋<@keiseikai_shinsaibashi>

京橋<@keiseikai_kyobashi>

 

Twitter

公式アカウント@keiseikai_mc>

恵聖ちゃん@keisei_chan>

 

Facebook

@keiseikaiclinic>

 

drsuganoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス