マリーのブログ

夫婦共通の趣味である油絵の作品と、日常を掲載しています。


テーマ:

7月27日、母が逝く。享年81歳 愛に溢れた人でした。

 

最期の瞬間まで母の顔に触れ、体に触れ、声をかけていました。

「愛しているよ」…と、「ありがとうね」…と、「また私を生んでね」…と、母には聞こえていたでしょうか?

呼吸の回数が減っていき、長く息が途切れた後に大きく息をして、静かに眠りについたようでした。

自宅ですから、心電図のモニターを見ながら確認するわけではないので、実際には亡くなった後も

しばらくは皆、声をかけ続けていたのだと思います。

家族の後ろに控えてくれていた医師と看護士は、こちらが母の死を納得して、「先生、もう駄目みたい。

お願いします」…と、声をかけるまで見守っていてくれました。

母と家族の最期の時間を作っていただきありがとうございました。

 

          優しい母にふさわしい穏やかな顔でした。

  

 

      遺影は、昨年の正月に家族で撮った写真。家族に囲まれ楽しそうな母の普段の笑顔です。

 

在宅療養で看取ることを目標にやってきましたが、亡くなる前一週間と後はとても辛かった。

徐々に進行していく病は、亡くなる一週間前には体に痛みが襲い、母の生きる力を奪っていった。

痛みは薬で抑えることができたが、食事が取れなくなってしまった。

脳症も加わり意識が曖昧になってからは意思の疎通が図れず。私の言葉は届いていたか?

母はもう死線を彷徨い逝くことを臨んでいたようでした。

死の瞬間まで、毎日母の体に触れ共に過ごしてきた日々。棺に眠っている母には、もう何もしてあげることはないのか…という焦燥感。精根尽き果てた感じでした。

自宅で看取れてよかった。と思える気持ちにはほど遠く、母と接した時間が長く深かっただけに、全てのことが思い出されて、かえって母を失った悲しみは重たく深くて…。

母の柔らかな体の感触も、爪の形も、優しい瞳も、苦しい顔も…全て鮮明に記憶に残っている。

「死にたい」、「死なせて」と私に訴えていた母の声がまだ聞こえてきます。

しばらくは、母を追い求める日々。あれほど深い絆で結ばれていたのだから何か伝えてくれるだろうと

願う日々。それなのに何も感じることが出来ずに…もう届かないところに消えてしまった。

なんだか気力が湧かなくて…靄がかかったようでした。

その後はイライラが募ってきて、気が立ってきた。なるべく周りに伝わらないようにと自制する。

最近、やっと、落ち着いてきた。

母が亡くなったことを、やっとこのブログにも掲載できるようになりました。

少しづつ以前の生活に戻していこうと思います。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 

今年初の月下美人が咲きましたよ。今年も夏が来た。

この写真は実家に咲いた一輪。我が家のはというと…1日早く、三輪咲いたとさ。

母も楽しみにしていた月下美人。

咲いていくのを近くで見せたくて、ベッドの横に置きました。

しかし、この日は母の体調があまりよくない。

花が開くと香りが強いらしく、少し遠くに置くことに・・・。

 

深夜三時に吐き気に苦しむ母。 鑑賞する余裕はありません。

見てくれと言わんばかりに美しく開く月下美人。う~ん…今宵はタイミングが悪かったようだね。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

6月。色とりどりの紫陽花が目を楽しませてくれていますね。

 

先月、母の元に介護認定の区分変更の為に調査員が来て、幾つかの質問をしていた。

「今の季節は何ですか?」   母「・・・今は何かな?・・・秋くらい?外に出ないからわからない。」

まぁ、ベッドで過ごしているのだから仕方ないか…。

せめて季節を感じれるようにと、絵を入れ替えたり、お雛様飾ってみたり、花を活け替えたり努力

しているんだけどなぁ。

今は、母の目に付く所に紫陽花を飾っています。

 

ベランダにも夏の花を植えました。

今年の夏を乗り切れますようにドキドキ

願いを込めた朝顔が少しづつ育っています。アサガオ

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

晃氏、40号の絵に長いこと向かい合い、やっと完成。

ポルトガルを旅した際の一場面です。

海外に行くと、屋外カフェが多いですよね。

ポルトガルはワインが美味しいし、安い。グビグビ飲んでいらっしゃる。

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

久々に絵を描いてみました。・・・といっても、小さなスケッチブックに鉛筆でね星

今年は、2月から絵の教室にも通えず、何も描いていなかった。

介護の傍ら、母の似顔絵を描いてみました。

82歳の今の姿ではないけれど、私達のイメージする母の姿はこの頃ではないでしょうか。

 

鉛筆ばかりで色がなく、寂しかったので、100均から色鉛筆を買ってきて少し色をつけてみた。

少し母に近づいてきたようだが…100均だと色があんまり乗らないなぁ。水彩も使いたくなってきた。

うーん…完成までまだもう少しかかりそう。

介護の合間に自分の時間を見つけて、ぽちぽち描いていきましょ鉛筆

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

3月半ば、母の体調も安定してきたので、ほっとしていたが・・4月になって目が離せない状況が増えてきて、彼には申し訳ないが、母の傍から離れられない。
点滴の回数も増え、負担になってきている母の事も考慮してカテーテルを入れ,毎回針を刺さずに点滴ができるようにと勧められた。
当初、母は嫌がり、「このままでいいから、死んでもいいから…」と言う.。
昨年の9月からガンの治療は止め、自宅療養で緩和ケアの選択をした。
徐々に進行していく体調に応じて、今では看護士が毎日訪問し、医師も訪問してくれる中、母の希望をなるべく優先してくれるスタッフ達。
しかし、今回は皆で母を説得してカテーテル挿入を納得してもらった。
「今の段階で諦めるのはまだ早い。」先生は、なるべく目立たないようにと、首や腕にではなく右足の付け根に入れてくれたけれど…
体の外に5~6㎝の管が出ているのは違和感があり、母の精神状態も不安定になり、ガンの治療をしてきた以上に心の負担になってしまった。
医療の世界では、当たり前の施術でも、年老いたガン患者にとっては、大きな傷となった。
足を動かすのも怖がって、点滴するのも怖がり、入浴も嫌がる。
普通に動かしていいんだよ。点滴も痛くないからね。お風呂も入れるよ。
少しづつ心をほぐしていく日が続いています。
 
そんなこんなが桜の咲く頃でした。
私は、今年に入ってから徐々に衰えていく母の姿を見ながら、今年も母と花見をするのが念願で…
やっと、やっと4月が来た。桜が咲き始めたら母を連れてお花見ができる。と楽しみにしていたのですが…
残念ながら、母に花見を楽しむ心の余裕はなかったようです。
まっ、今年は実家のベランダから見える桜並木を上から眺めて良しとしました。

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

実家のベランダには、少しずつ花が増えていき、現在はこんな感じです。

2月初め、母の体調が急に悪化してしまい、一時は危ない状態になりましたが

なんとか乗り越え、最近は黄疸も薄くなり顔色も良くなってきた。

私も実家に泊まり込む日が増えて、彼には、迷惑をかけていますが、好奇心旺盛な彼は料理にも

果敢に挑戦しているらしく、すっかり主夫しているようで…まぁ、ありがたいことです。

花の好きな母の目に入るように花が増えていきました。

しだれ梅の鉢を買った。まだ寒いのに花を咲かせる梅は、母がとても好きなので

梅園へよく連れて行っていましたが、今年はこれで勘弁。

チューリップの苗を植えた。母は春まで生きる自信がなかったのかあまり乗り気でなかったが

チューリップが咲くのが見れますようにチューリップ 今やっと、蕾が出てきたよ。

叔母から桜の花や、花の苗が送ってきた。叔父からは頑張れのメッセージが届く。

みんな祈ってくれています。正子さん、一緒に頑張ろうね。

若かりし日の正子さんの笑顔。頑張れ笑顔

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
私が住んでいる団地は、老朽化の為建替え工事が進行中であります。
我が家の下にあったいくつかの棟も廃屋となり、昨年末には解体が進み
こんな広い造成地になってしまった。
我が家のベランダから見たらこんな感じであります。
大きな桜の木も根こそぎなくなり、四季を楽しませてくれていた草花もないんだなぁ。
今の季節は水仙がたくさん咲いていたのに…narcissus.
ちょっと部屋に飾るのに重宝していた野の花がなくなっていくのが残念です。
我が家の立ち退きは二年後くらいになるのでしょうか?
この景色が見れなくなるのが残念です。
 
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
私の爺ちゃんは、物作りが好きな人でした。
庭に池を作ったり、木の置物作ったり、古いものも好きで…
馬車の車輪が転がっていたり、古い革のトランクがあったり、鉄瓶。鉄鍋。古銭…
まぁ、今の私の趣味は、この爺ちゃんの血が入っているからなのでしょう。
そんな爺ちゃんが、宮崎の田舎から大きな荷物を抱えて福岡へ…もう37年も前の話。
当時、両親が大きな家を新築したので、そのお祝いにと「大きな自在鉤」作ったらしい。
きっと爺ちゃん、竹やぶに大きな竹を目指して切りに行き、一生懸命作ったんだよな。
喜んだ母は、この大きな自在鉤を下げる囲炉裏を作るのが夢だったようですが…
結局、夢は叶わずまもなく家は人手に渡ってしまった。
しかし、この「自在鉤」は手放せない。
爺ちゃんの想いが詰まっているもの。母にとっては父親の形見のようなもの。
そんなわけで私が引き取り、長らくベランダに飾っていましたが、現在療養中の母の力に
なればと思い、母の元へ置くことに…。
しかし、長年外に置いてた為、随分色あせてしまった。そこで修復です。
彫られた所を墨で描き起こす。爺ちゃんの試行錯誤が見え隠れする。
裏に名前が彫ってある。爺ちゃん「栄蔵」なのに、作家名「栄泉」となっている。
全然知らなかった。新たな発見でした。ニスを塗ったら・・・おぉ完璧ドキドキ
jまぁ、結局ベランダしか置き場所はないんだけれど…
 
今年に入って、母の体調は不安定な日が多くなってきましたが…
私がこの自在鉤の修復や設営をしていると、ベッドに横たわっていた母も起きてきて
少し元気になりました。
今はまだ寒い日が続きますが、母は窓を開けてと言い、このベランダを見るのが楽しみに
なっている。
きっと、爺ちゃんから元気をもらっているのでしょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。