ポンコツ仙台道中。 | ♪一人暮らしはいいもんだ♪ 一口コンロとフライパンさえあれば

♪一人暮らしはいいもんだ♪ 一口コンロとフライパンさえあれば

 一人暮らしを始めてからお料理大好きに。
 一口コンロとフライパンひとつで作る簡単ごはんを中心に、
 日常をゆる〜く綴っています。
 アラフォーの適当ひとりごはん。

昨日はindigo la Endの仙台ライブへ向け
高速バスに乗って出かけました。
前記事に書いた通りゴタゴタがあり
バスの中でぐったり。
 
でも天気が良くてトイレ休憩時に
軽くストレッチをして元気を取り戻しましたニコニコ
 
バスに乗ってしまえばこっちのもん。
あとは仙台に勝手に連れて行ってくれます。
朝7時に出発して13時30分に仙台に到着。
事前にネットカフェの順路を押さえておき徒歩5分。
楽勝♪
が、そこは方向音痴の私。
倍の10分かかりましたねグラサン
早くも雲行きが怪しい…。
 
そしてメイクをするため初めて利用するネットカフェ。
どう利用して良いのかわからず注文?時におどおど。
絶対、怪しい客に認定されたであろう。
すっぴんだからマスクにメガネだったし。
 
そして、私の精神アゲアゲ24金入りゲランのファンデ
パリュールゴールド様が仙台のセットカフェに降臨するとは。
そつなくメイクを終え、すんだもちでも食べに行こうとしましたが
ネットカフェに行くのにこんなに迷ったのだから
さらに動くのは危険な予感しかしないので
ちょうどパレードが始まるところだったので
パレードを鑑賞することにしました。
それはそれでとてもよかったです。
天皇陛下のにこやかでありながらも凛々しい佇まい、
それを見守りながら私たち国民に優しい笑顔を見せてくれる皇后陛下。
ああ、令和が始まったんだな。
と仙台で想い馳せました。
ちなみに食べたかったのはこちら。
 
ネットカフェから仙台駅へ戻るのにも迷ったので、
「これはまずい」
と感じて仙台駅から帰りの夜行バスのバス停まで歩いて道順を確認。
バスに乗り遅れるという悲劇だけは避けたい。
それも相当な時間を要しました。
仙台の寒い風に打ちひしがれながら
「ああ、自分はなんてダメな人間なんだろう。道すら歩けないなんて」
と大げさではなく若干、涙ぐみました。
 
かなり早いのですがグッズ販売時間になったので会場へ向かうことにしました。
ライブに遅れたら泣くに泣けないですからね。
仙台ではラババンとトートバッグを買おうと思っていましたが噂で
「トートバッグは透けるほど生地が薄い」
と評判でしたがまさかね~と思っていましたが
想像の斜め上をいく薄さだったので却下。
ギターの長田さんが嫌っている爆売れラババンのみ購入しました。
 
12,000円のフーディーは買うことは無いな、
と思っていましたがメンバーが着ているのはもちろん
ファンのみんなが着ているのを見ているとすっごく可愛いラブ
今週の関内で買ってしまいそうだ。
ロングスカートと合わせたら可愛いはず。
メンバーの衣装が黒で統一されているから黒のフーディーで合わせたい。
素朴な疑問なんですが今年からパーカーってフーディーって呼ぶんですか?
それともパーカーとフーディーは別物なんですか?
 
ライブはすごく良かったです。
今回は『濡れゆく私小説』というメンバー自身が
最高傑作と言うほどの仕上がりで
今までのインディゴらしさもありながら新たな魅力が詰まった作品です。
 
またその魅力を最大限に引き出すために数々の企画を行うほどの力の入れよう。
ユニカビジョン(新宿にある大画面TV)でのライブ映像の放映
「濡れゆく私小説展」歌詞をメインにした展示会(サイン会&ハイタッチ会)※若干荒れる
などを含みライブ前により「濡れゆく私小説」の世界を楽しめる機会が設けられていて
それを踏まえたうえでライブに挑めたのもより深いものになったのかもしれません。
もちろんそれがなくてもいつもより死ぬほど聴きこんだアルバムでした。
バカみたいですがノートに歌詞を書くという学生のような勉強方法を。
書いて覚える派です。
 
まだライブ中なので控えますがいい意味でアルバムとは全く違い、
新たな魅力に溢れたライブでした。
あと、すごくホールにピッタリというか。
ライブハウスでは出せない良さがありました。
何より演奏に円熟味が増したのはもちろん、
メンバーの動きにしっとり感がプラスされたのが印象的でした。
2か月前に見たのが最後のライブだったのですが
30代男性、たった2ヶ月でこんなにしっとり感だせるんですか?
新生indigo la Endといった感じでしょうか。
とにかく目が離せません。
 
お決まりのみんなでお写真!
私、ちゃんと写ってます😆

余韻に浸りながらもずんだもちの悲劇を繰り返さないよう
会場をすぐさま後にして牛タン屋さんへ!
以前の記事で仙台グルメ情報を募集したところ
グリンさんから素敵な情報をいただきました。
【善次郎さん】
ああ、この風景。
幸せ~ラブ
まずはハイボールで祝杯生ビール
牛タンは私好み。
塩っ気もちょうど良くて柔らかいけど少し噛み応えのある感じ。
牛タンにしか頭になかったのでテールスープが出てきたのにびっくり。
すっごく柔らかく煮込んであって
大き目のお肉が3個も入っていて豪華。
スープも美味しかった。
牛タンには麦ごはんととろろですよね!
満足。
美味しかった爆  笑
これだけ食べて飲んで2,000円ほど。
実はメニューにずんだもちがあったのですがさすがに…。
次回、仙台に行くときにはずんだもち食べるぞー!
 
グリンさんありがとうございました!
 
 
■昨日の歩数
迷ったからなかなか歩いたな。
image