米国時代の同級生来訪 | 中島旻保の大人の絵日記

中島旻保の大人の絵日記

医療者でありながら一方では、政治経済のことになると言いたい事が沢山あるそんな中島旻保のコラムとも言える絵日記

24日夜、私の米国留学時代の親友が奥さん同伴で日本を訪れた。大学を卒業して47年ぶりである。

 

お互いリタイヤする年になってきたので、会ってもお互い分かるかなぁ~と案じていたが、会ってみると案外面影があるもんだと思った。夜、夕食を共にして昔話に花咲かせた。いつも友達の一人として遊んでいたせいか、話をしても当時と全く変わらないなあ~と感じた。

 

25日、3人で浅草へ出かけた。

今は、外国人の来訪が多く雷門から仲見世通りは、外国の見物客で混雑して歩くのもままならなかった。

やっと浅草寺にたどり着いた時は、寺内はお参りするには大変であった。

 

参拝の後日本の味を味わってもらおうと老舗の和風レストランに入った。ここでは、天プらを主体にした料理を堪能した。

昼食後、水上バスで浅草めぐりを楽しんだ。

 

この日は、旧友との親睦を深めて楽しい一日を過ごした。