新たに出た変異株オミクロン株 | 中島旻保の大人の絵日記
新型コロナウイルスに関する情報について

中島旻保の大人の絵日記

医療者でありながら一方では、政治経済のことになると言いたい事が沢山あるそんな中島旻保のコラムとも言える絵日記

11月後半に、初めてWHOに報告された新型コロナウイルスの変異株オミクロン株が日本に上陸するのではないかと心配されている。

この変異株オミクロン株は、スパイクタンパクに約32カ所の変異があり、強い感染力を持ち、免疫を回避しワクチンの効果を低下させるとの懸念があるようだ。 新型コロナウイルスの新変異株、オミクロン株は人の細胞に侵入する際の足掛かりとなる表面の突起に変異が際立って多いのが特徴だ。感染力の増加や、ワクチンや抗体が効きにくくなる可能性が指摘されている。しかし、重症化するかは、十分明らかにされていない。

 ワクチンを打てば、スパイクタンパクを標的にして結合し、ウイルスが細胞に侵入して感染するのを防ぐ抗体が作られるといわれているが、オミクロン株は多くの変異があるため、うまくウイルスに結合できず効果が落ちる恐れがある。このままで抗体を使った治療薬の効果にも影響が出るかもしれない。現状はデータが限られていることもあり、従来株に比べてどこまで危険なのかははっきりわかっていない。

参考資料:福井新聞