ヒートショックプロテイン | 中島旻保の大人の絵日記

中島旻保の大人の絵日記

医療者でありながら一方では、政治経済のことになると言いたい事が沢山あるそんな中島旻保のコラムとも言える絵日記

細胞の修復能力と体温の関係で重要なのがヒートショックプロテイン(HSP)だ。傷んだ細胞を修復する働きを持つタンパク質で、免疫細胞の働きを強化したり、乳酸の発生を遅らせるなどの力を持っている。また、代謝を活発にすることでも注目されている。

HSPは体温が高くないと生成されないたんぱく質なので、HSPを増すためには、入浴前の水分補給、4042℃で20分入浴、入浴後は冷やさない、温めすぎないことが重要だ。舌下温を計り、体温(深部)の上昇をチェックするといい。