本当のバレンタインの意味 | 中島旻保の大人の絵日記

中島旻保の大人の絵日記

医療者でありながら一方では、政治経済のことになると言いたい事が沢山あるそんな中島旻保のコラムとも言える絵日記


テーマ:

14日のバレンタインに向けてチョコレート屋さんは大忙しの毎日を送っているのではないだろうか!?日本で女性がチョコレートを贈るようになったのは、1958年東京のデパートで開かれたバレンタインセールで、チョコレート業者が行ったキャンペーンが最初だといわれている。

バレンタインデーの由来は、ローマ帝国皇帝・クラウディウス2世が、愛する人を故郷に残した兵士がいると士気が上がらないという理由で、ローマでの兵士の婚姻を禁止した。それを知ったキリスト教司祭だったバレンタインが秘密に兵士を結婚させたが、それが見つかり捕えられ処刑された。兵士の結婚のために殉教したバレンタイン司教の話が世界各地で男女の愛の誓いの日とされたのが本当の意味らしい。

欧米では、恋人や友達、家族などがお互いにカードや花束、お菓子などを贈るが、日本ではなぜか女性が男性にチョコレートを贈る習慣になっているのはチョコレート屋さんの策略のようである。因みにベトナムでは、男が本当に好きな女の子や恋人だけに、チョコレートや花束を贈るようである。

 

参考資料:COURRIER NAVERまとめ

 

 

drnakashimaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス