三菱東京UFJ銀行が三菱UFJ銀行になった理由 | 中島旻保の大人の絵日記

中島旻保の大人の絵日記

医療者でありながら一方では、政治経済のことになると言いたい事が沢山あるそんな中島旻保のコラムとも言える絵日記


テーマ:

先日、三菱東京UFJ銀行に行ったら名前が変わっていたのに驚いた。今年に入って変わったのかなぁ~と思っていたら、なんと昨年の4月より「東京」が取れて「三菱UFJ銀行」になったようである。もともと長い銀行名だなぁ~と感じていたのは私だけでないのではないだろうか!?

この銀行の名前の由来は、三菱銀行と東京銀行の2つから1996年に合併して「東京三菱銀行」になった。その後、2006年東京三菱銀行とUFJ銀行(三和銀行と東海銀行の合併した銀行)が合併したことで「三菱東京UFJ銀行」になった。そしてさらに今回のように東京が取れて「三菱UFJ銀行」になった。

その理由は、親会社である「三菱UFJフィナンシャル・グループ」の名前を統一させてブランドの知名度を上げるためと言われている。お客様には直接影響はないようであるが、問題は、はずされた東京銀行は気の毒である。この銀行の歴史は古く太平洋戦争前まではインドや中国だけでなく、東南アジア主要国をカバーする支店網で国際的な知名度は高く、いまだに「ザ・バンク・オブ・トウキョー」と呼ばれるくらいである。東京銀行から来た行員はほとんど切られるか、幹部は出向させられるのは確実である。辛い人生である。

 

参考資料:毎日新聞 とれぴく Sankei Biz

 

drnakashimaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス