肩に入っている十字架の入れ墨を1回で切除縫縮した20代女性の症例の腫れが引いていく経過画像です。 | 美容整形高須クリニック 高須 幹弥 オフィシャルブログ
2019-02-20 18:36:00

肩に入っている十字架の入れ墨を1回で切除縫縮した20代女性の症例の腫れが引いていく経過画像です。

テーマ:入れ墨除去の症例写真

皆さん、こんばんは🌙😃❗


今日もたくさんの患者様方、僕を指名して来てくださって、本当にありがとうございましたウインク


大阪院のアイドルナースが卒業することになってしまいました😭







みんなで記念撮影👀📷✨


卒業しても頑張ってください‼️😊







それでは、肩に入っている十字架の入れ墨を1回で切除縫縮した症例の腫れが引いていく経過画像です。







 

手術前です。肩に十字架の形の入れ墨が入っています。

切除縫縮手術で1回で除去することになりました。







手術直後です。

局所麻酔注射の影響で肌が白くなっていますが、これは数時間が戻ります。







1週間後です。

抜糸をしました。

ドッグイヤーで傷が凸凹していますが、これは時間の経過と共に目立たなくなっていきます。







1カ月後です。

凸凹は少し目立たなくなっています。






3カ月後です。

傷の赤みはまだあります。






6カ月後です。

まだ赤みがあります。







2年後です。

だいぶ赤みは引きましたがまだ多少残っています。

あとは年単位の時間の経過と共にもっと目立たなくなっていきます。






この症例写真の詳しい解説はまた今度書きますね。





刺青(タトゥー)除去(切除縫縮)
顔面以外の入れ墨を単純に縫合する場合の目安 1cm¥25,000

※また、単純に直線で縫合するのではなく、複雑な手術になる場合は料金が割増になります。



リスク・副作用・合併症






患者様から、加賀のお餅をいただきましたお茶


ありがとうございました(加賀の・ω・お餅!)






患者様から、赤い靴の女の子をいただきました👡

ありがとうございました(赤い靴の・ω・女の子!)





患者様から、和菓子をいただきましたお茶

ありがとうございました(和菓子・ω・ちゃん)





患者様から、萩の月をいただきました

ありがとうございました(萩の月・ω・ちゃん)




 

 僕の今のランキングが知りたい方や、応援して下さる方はポチっと押してくださいませ

↓↓↓
にほんブログ村 美容ブログ 整形・プチ整形へ
にほんブログ村

高須幹弥センセーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]