今回の日本訪問は3週間に渡り、8回の講演会やセミナーを行いました。
とても嬉しいことに、新しくて大きな希望を抱いていかにクレイジーな現状をどのように正しく把握していったらよいかという熱心な多くの方々にお会いできました。全員旧友のような確固たる考え方や意識を胸に抱いている方々で、感動しました。


あらゆる面で日本はとても重要な時期に面していると思われます。幸いなことに、長年にわたって築き上げているミラクルに近い考え方、学び、質素、静寂、結束、保存など知的、物的な財産というしっかりした土台があるので、何事も全て受け入れ、不満、不平を言わず、耐えて順応していると思います。
正しい情報が伝えられていないきらいはありますが、これほど素晴らしい人間は世界中どこを探してもありませんよね。
もちろん、未開発的な状態の国の人々は自然環境に沿って生きるしかないことから、昔の日本人ととても似ている国々の人々はいると思われます。
ともかく日本人の知恵と工夫、そして諦めることなく前進し続けているという優れた世界に誇る人種であることは世界の誉れであり、世界遺産のように思われます。

今回のメインイベントの1つ、満月セミナーは、超型破りのユニークなセッションとなりました。
年齢、経験、立場、思いなどそれぞれ全く異なった淑女さんたちが女性性の充実、人生の真のあり方、病気回復、健康維持などその期待や意欲、心と体の浄化を達成し女性の本当の
パワーを発揮し、月の光を全身に浴び、ピカピカと輝き、女性性を倍増してそのエネルギーを月に返すという大切な偉大な祈りをも達成していました。
強さの中のしっとりさ、美しさの中の生命力、気品溢れる姿に妖艶さ、ともかく女性一人一人がまるで愛の妖精になっていました。もし男性がこの中にいたら、身も心もとろけてしまったでしょう。同時に一層男らしく筋肉も骨も同時にたくましくなったであろうということは想像できましたね。
3日に渡るレッスンのあと、お別れ前の燃え上がるハグにつぐハグでしたが、何かハグしているときに”食べられちゃいそう”と不思議な不安となんとも言えない恐怖感、同じく天にも登る幸せを受け取りました。

そして佐賀の2度目の講演会「本当のお薬とは?medicine is LOVEin 佐賀」では、小林薬局のお嬢さんの由佳さんにリーダーをしていただき、お母さん、そして長年薬局で働いている愛と知識、豊かな経験の社員の方々、さらに参加者の緊張をほぐしゆとりの心を持って聞いてもらうために「笑いヨガ」の有志の方々、ともかく140人もの人々の心が1つになって豪華で素敵な会になりました。
また小林薬局のオーナーで薬剤師さんでもあるお父様の小林正明さんによる特別公演を同時にしていただき、参加者全員その秀でた意思を超えた誠の医学、人生、健康、幸せへの名言の数々、方法論とその意味などユーモアを交えての構築に、貴重なマスターピースとなりました。


また同様に、藤沢市にあるへっころ谷というレストランでも超満員の講演会になりました。オーナーおよびメインシェフの古屋賢悟さんは、まさに日本及び日本人を愛し、地域を愛し、その力強い愛と勇気に満ちた素敵な青年で本物の料理を提供し、人々の和合の場作りにも努力し、ケアし、正義と勇気、健康、幸せを伝えることに努力されておりました。
また、昔からこのレストランを超気に入っているもう一人の好青年、ファッションコーディネーターの山田展也さんが、友人、知人にお声掛けしていただき、一般にアナウンスする前にすでに85%以上は満席にしてくださっていました。
私のお話会もそんなわけで上機嫌に喜ばれて進みましたが、本当にお料理には感動しました。1つ1つ丁寧に真心を込めて作るために、お客様の100%の満足感を得ていると思われます。

今回の特別講演会の1つ、「”腸”しあわせになるお話」という講演会を東京・大阪で行いましたが、病気予防、病気中に大腸の改善と治癒、洗浄がいかに大事かというお話を面白く具体的にお話させていただきました。
数百人にも及ぶ熱心な方々とお会いできたことを嬉しく思いますが、微生物が母なる大地のエネルギーと溶け合う重力波、さらに宇宙の量子波とベスト和合で、私たちは守られていてどれだけ人間に、地球に、宇宙に重要であるかというう話で盛り上がりました。科学的、物理的、学術的な情報交換でなく、私がうまれながらその大切な重力、量子波を自然に受け、疑いなく心や体に受け入れ、生き抜いているという事実とその実践を真心を込めて、お話させていただきました。
参加者はその具体例の細かい話をしたため、情報の消化吸収がスムーズにできたと思われます。
さらに腸の大切さ、特に大腸に栄養の吸収力、そして大腸内にある最高のアンテナで全ての情報をキャッチし、電子化して、脳に伝えているメカニズムをとてもみなさんに理解していただいたようで、嬉しさとともにその実力に尊敬の念をも感じました。


そして、今回の量子波ヒーラー養成講座は、微生物が織りなす重力波も加えて、量子波との和合エネルギーの魅力を加えてのレッスンでした。私たちは90%以上、微生物と関連して生きているため、4層からなる私たち人間は肉体全てを活かし、健康や幸せを維持しいていくためには、そのエネルギー体の健全が重要であるということをお話しました。第三の目の近くにある宇宙の強力なエネルギーを人間レベルに波動数を調整してくれているので爆発しないで生きられることなど話し、微生物のパワー、つまり大地の根から葉までを全て生命をいただくと、ベストになるという中身の濃いレッスンになりました。特に上級編では、力が入り、全員とも今までにない5倍、10倍も量子波が手から飛び出していました。お手伝いしてくれたマスターヒーラーさんがおっしゃるには、「参加者のパワーアップもさることながら、ケン先生の力もかなりアップされたように感じますよ。」と言ってくださいましたが、感じてはいたものの、その微妙な力は気づいておりました。

真夜中のミーティングでは、亡き偉大な舩井先生がおっしゃるには「小林くんは今蘇生力が強まり、子供の頃のパワーが戻りつつあるんじゃないか」ということでした。


心と体をより一層浄化して、日本の方々のため、地球上の人々に健康、平和、幸せをもっと貢献できるように命をかけて喜んで邁進していくつもりです。

 

with Love, Appreciaiton and Respect  Ken Kobayashi