カナダ在住者が遭遇した出来事や文化の違いを綴っています。

Any resemblance to actual events or locals or persons, living or dead, is entirely coincidental.
©m 2011- 2021 All rights reserved.

ブログ記事の転載、複製は禁止しております。転載やコピーをしないよう、お願いいたします。


リンクやリブログはご自由にどうぞ。

 

 

てっきり全てにワクチン接種証明が必要と思っていたら、いわゆるエッセンシャルビジネス(スーパーなど)は必要ない模様。

  • レストランやバー(屋外、デリバリーやテイクアウトを除く) 
  • ナイトクラブ(施設の屋外エリアを含む) 
  • スポーツやコンベンションセンターなどの会議・イベントスペース 
  • スポーツ・フィットネス・トレーニング施設、イベント 
  • カジノ、ビンゴホール、ゲーム施設 コンサート、音楽祭、劇場、映画館 
  • ストリップクラブ、バスハウス、セックスクラブ 
  • 競馬場

医療従事者などはワクチン接種義務化となっていますが、職業的に接種義務のない人なら、ワクチン接種証明がなくても基本的生活は問題なくできます。

 

レストランやバーでは反ワクチンパスポート派の人からの嫌がらせを避けるために暫くは営業を見合わせるお店も。確かにお客にワクチン接種証明をお願いして逆ギレされたりしたらむっちゃ怖いかもッ!

反ワクチンパスポート派、病院やレストランへの嫌がらせや虐めに走っていて本当に行動が酷い。

そんな中、お客にワクチン接種証明をお願いするってかなり不安と恐怖を伴う行為です。相手がどんな反応を示すのかわからないので。

 

個人的には何だか予想以上に緩々で拍子抜け。

あんなに強烈に反対されていたワクチンパスポートですが、現時点ではオンタリオ州のそれはかなりユルユルです。

 

自分の行動範囲でワクチン接種如何で制限にひっかかるものがありません…

自分はワクチン接種していますが、例えば今、ワクチン接種をしていなくても、これくらいの制限なら困りません。

これから寒くなるので屋内エクササイズにも参加しようと思うので、ワクチン受けておいてよかったのかもしれませんが。

ワクチンパスポートの導入、引きこもりには影響なかったです…

 

むしろ、これくらいの制限ってパンデミックなのだから、あって然るべきのような?

 

オンタリオ州のワクチンパスポートの概要はこちら:

 

 

Stay Home! Stay safe! 

 

 

WorldVoiceに寄稿しました。

ミックスワクチン、ワクチン報奨金などなど。独自路線(?)を行くカナダのワクチン事情を紹介しています。

 

 

↓ランキングに参加しています。押していただけると更新の励みになります!


 

 Twitter: https://twitter.com/poisondrop333

 Instagram: drippingofpoison